次へ→(10カラットのダイヤとダイアナ妃

HOME

ジョーティシュ(戻る)

LAXMI JEWELRY 

ジョーティシュで処方される宝石の重要性

まだ来ぬ危険を避ける、宝石の目的

「エイヤム ドゥ カム アナガタム」というサンスクリット語の有名な言葉があります。
これはまだ来ぬ危険を避ける、という意味で、ジョーティシュの大きな目的でもあります。
ですから、ジョーティシュによって処方された宝石や金属を身につけることは、
そのまだ来ぬ危険から身を守るという意味で、大変大きな価値があるのです。

ジョーティシュの腕輪で肝臓病の期間が24日に短縮

インドの有名な霊性指導者、故パラマハンサ・ヨガナンダの著書
「あるヨギの自叙伝」(森北出版)のなかに、
ヨガナンダが、師匠のスリ・ユクテスワから、
「お前は、1ヶ月ほどすると肝臓病で苦しむことになる、
本当は半年間苦しむことになるが、ジョーティシュの腕輪を着ければ、
その苦しみの期間は24日に短縮されるだろう」と予言され、
腕輪を着け、その通り24日間で治った話が載っています。

ヨガナンダの友人が同じくスリ・ユクテスワに
「このまま奔放な生活を改めないと1年後にはひどい病気になる、
だが2カラットのブルーサファイヤを身に着ければ、助かるだろう」
と予言されたにもかかわらず、生活も改めず、
宝石も身に着けなかったその友人は、
1年後に肺結核になってしまった話など、
ジョーティシュに関る大変興味深い話がいくつか載っています。

健康のための三種の神器の一つ、ジョーティシュ宝石

私が最初に宝石に興味を持ったのは、1980年にインドのデリーで、
超越瞑想やアーユル・ヴェーダ、ジョーティシュなどを世界中に広めた
マハリシ・マヘッシ・ヨーギーが開催した瞑想のコースに参加した時です。

連日マハリシがレクチャーのなかで何回となく、健康にとって重要なのは、
マントラ(瞑想及びヤギャと呼ばれる神々への供養法)とラサヤナ
(アーユル・ヴェーダで処方されるハーブで出来た薬)、
そして宝石、この3つです、と話されているのを聞いてからです。

10人の占星術師がいれば10通りの宝石処方がある

その後何人かのジョーティシー(占星術師)から宝石処方をしてもらう機会がありましたが、
問題なのはその宝石処方が、ジョーティシーによって違うんですね。

例えばインドに行って、10人のインド占星術師にある人の出生チャートを見せれば、
10通りの宝石処方があるという位、
各々の占星術師の学んできた背景によって宝石処方は違います。

ただ大きく分けて、二つの処方に分けられると思います。
一つは、出生チャートの中の肯定的な星に関連した処方です。

もう一つは、逆に出生チャートの中の否定的な星に関連した処方です。
(もちろん両方のミックスもあります)
ここでいう肯定的、否定的というのは星の本質的吉凶
(例えば、火星、土星などは本質的凶星、木星、金星などが本質的吉星)ではなく、
インド占星学の父聖人パラシャラのパラシャリ・システムと呼ばれる原理、
つまり上昇星座から導き出される吉星と凶星という意味です。

凶星に関連した宝石を着けるのは危険か

以前、私はあるインド占星術師に木星を強めるイエローサファイヤと、
また別の占星術師からはケートゥを強めるキャッツ・アイを薦められたことがあり、
どちらも別々の時期身に着けたましたが、両方とも身につけていると、イライラしてしまって
長く着けていられませんでした。
私の場合、上昇星座はおとめ座なので木星は第7室と4室の支配星ですので、
パラシャリ・システムによると凶星ということになります。

私は2000年の6月頃まで、10年以上、
マハリシの関連会社に宝石を供給してきた関係で、
インドでも名人クラスの占星術師たちと接する機会を何回も持つことができ、
自然に宝石処方や基礎的なジョーティシュの知識を得ました。

マハリシの宝石処方は、パラシャリ・システムの吉星に関連した処方です。
ここでは宝石は吉と凶、どちらであっても星の持つ波動を強めるという観点に立っています。
ですからこの観点に従えば、否定的な星に関連した宝石を着けるというのは危険、ということになります。

吉星に関連した宝石を身に着ける

これまで3千人以上の人々にジョーティシュ処方の宝石を供給してきましたが、
このパラシャリ・システムの吉星に基づいた処方が、もっとも安全で問題がないと
多くの体験から確信しています。

先日、上昇星座がかに座の方で、あるインド人のジョーティシーに珊瑚と
パールを処方してもらい着けられたのですが、
私がチャートを見たところ月が大変傷つけられていたので、
イエローサファイヤを薦め、身につけられました。

後日その方に聞いたところ、珊瑚とパールだけの時は、
何かが足りないと感じていたそうですが、
イエローサファイヤを着けた瞬間、
その欠けていたパズルが埋まった感じで、
今は大変満足していると仰っていました。

上昇星座かに座の方でその支配星月が傷ついている方は、
木星を強めるイエローサファイヤを着けるととても良いのです。

占星術師の学んできた背景により処方が異なる場合がありますが、
当方では、安心して一生を通して身につけることが出来る、吉星に関連した宝石を処方し
必要なカラット数、身につける場所などを鑑定でお伝えしています。
是非ご利用下さい。
             
2005年2月吉日   楽趣美代表 渡辺秀幸

へ→

ジョーティシュ(戻る)


LAXMI JEWELRY 

HOME