HOME      LAXMIJEWELRY

→体験談


南米コロンビア、エメラルド鉱山近くの取引所にて。
(中央 代表 渡辺秀幸 2001年8月撮影)

 Q&A良くあるご質問(合わない宝石を身に着けると、短命になる?他)
Q クレジットカードやローンはできますか?

ローンはありません。サロンでは、VISAカードはお使いいただけますが、これまでの経験上、宝石は現金で購入できる範囲で決めるのがよいと考えています。宝石と言えば高額なものを何回ものローンを組んでの購入を勧めるのが一般的な宝石店においては普通ですが、ローンは借金であり、運命にとってマイナスです。

当方はジョーティシュ、アーユルヴェーダ専門であり一般の宝石店とは目的が異なります。
ご予算の無理ない範囲で最大限効果的な方法を提案します。廉価な代用石から、特選品まで最高品質のものを揃えています。どなたもご相談下さい。下は小学生から、高齢のかたまで対応しています。
Q 良い効果を得られるなら非加熱のほうがいいのでしょうか?

これまで3千人以上に納品した経験と調べた結論から申しますと、非加熱にこだわることが一概に良いとは言えないと考えています。熱処理というと人工的で良くないイメージがあるかと思いますが、放射線処理とは違います。ジョーティシュおよびアーユルヴェーダで使用する金属(金・銀・銅)もすべて熱で精錬し不純物をなくし、純度を高めています。これは、ヨーガのタパス(苦行の火)であり、宝石も同じく、熱で輝きを増し、色彩豊かにし、宝石の価値を高められている、と捉えることができます。

1990年〜2000年まで、マハリシ(世界的なヴェーダの研究機関)の国際本部からの厳しい指示に沿った石を納品していましたが、品質への厳しく細かい指定の中でも熱処理は問題なし、とされていたのは下の質問の回答でも書きました。現在は異なっているのかもしれませんが、マハリシ存命中の監修によるもので、信頼に値します。
多くの顧客の多くの方に納品しましたが、体験談も沢山頂いていますので、熱処理された宝石は効果がない、良くない、という一部の意見は、経験に基づかない一面的ではないかと思います。

現状ではコランダム系は非加熱の石のほうが少ないため、希少価値を高めてお金儲けをすることもできます。例えばジョーティシュ用として不可欠な条件(輝きや色彩豊かであること、キズや不純物が極めて少ないこと その他諸々)を満たしていない低品質な石でも、非加熱であること一点のみでジョーティシュ用としての品質を満たしていない石を販売することもできます。


熱処理を否定する人たちの根拠となっていると思われる古典のブリハット・サンヒターには、ダイヤモンドの避けるべき石として、焼かれたもの、とありますが、これはタパス(熱)が加えられるというよりも、ディグダ(実際の火で焼いて黒焦げになっている)状態を表しています。

そもそもディグダ(焼かれた)、ではなく、ダグダ(汚れに塗られたもの)との訳もあります。(参考文献 ブリハトサンヒター バラーハミヒラ著 日本語訳は
平凡社より出版
いづれにせよ、この時代にはまだ熱処理技術はなかったはずなので、焼かれた(汚れて黒焦げになった)と理解するのが自然だと思います。

現在でもダイヤモンドの熱処理は無色のものに着色する目的で行われているようですが、ジョーティシュで使用するものは無色透明のみです。

以上のことより、当方では、熱処理であれ、熱処理されていないものであれ、品質において諸条件を満たした私たち自身が納得できる石を提供してきました。

非加熱、というだけで、
キズだらけで色の薄い低品質な石高額で買わされた話もここ数年聞くようになったので、希望する方は、非加熱の石も諸条件を満たした高品質なものを低価格で弊社は提供しています。

実際に現物を見て、身につけるご本人が決めることが大切だと思います。現物が見れない遠方の方は、写真を撮ってご覧いただけるようにしています。
 ジョーティシュ・クォリティの石と現代の人工処理技術について。
宝石は地球上で最も希少性が高く、限られた天然資源であり、品質の高いものであれば尚更、産出量には限りがあります。ジョーティシュ・クォリティとは、最高品質の天然宝石を指すようですが、当時の時代には無かった人工処理、また養殖技術(真珠)などはどのように捉えるべきでしょうか

貴重な宝石資源を活用するため、今日では様々な人工処理が行われるようになりました。
古典ブリハット・サンヒター(ヴァラーハミヒラ)の日本語訳に、ダイヤモンドは、
「からすの足跡、蝿、毛髪、鉱石がついたもの、小石が挟まったもの、2倍の切子めんのあるもの、火に焼かれたもの、きらめかないもの、砕けたものは吉ではない」とあります。

1870 年代にこの古典を英訳したH・Kernは、火に焼かれたもの(dagdha)を、
汚れに塗られたもの(digdha)、と日本語訳に先んじて訳しており、
現代一般的に行われている熱処理が、これに当てはまるか否かは、正確には断定できないところですが、
少なくとも国際的基準である「容認できない処理(トリートメント:改変、放射線処理 染色等)」は相応しくありません。

弊社の基準は、マハリシマヘーシヨギが現代に復活させた、ジョーティシュの宝石処方の品質、色、形状に基づいています。詳細はこちら1990年以降、マハリシのクライアントに最高級クラスの宝石を10年間供給しました。

さらに弊社独自の厳しい基準を設けています。例えば、黒い点のないものを第一条件とし、欠陥の無い、滑らかで艶やかな光沢、透明、光り輝き重く、形が美しく、内部に光輝と、強烈で豊かな色彩があること。

しかし、確かにそのような石は非常に少なく、いつかは掘りつくされてしまう宿命にあります。
実際に、ジョーティシュクォリティで求められるような形状の真珠は、現在では養殖技術あってこそ提供できるものとなっています。

また、熱処理技術が生まれたことにより、ルビー等の貴石の美しいものが、王侯貴族や特権階級に独占されるのではなく、一般の人々にも広く行き渡ることが可能となるなど人工処理を一概には否定できない見解もあります。

無処理の石は現代において、特に日本国内で一般に流通していないため、国内外のジョーティシュ鑑定において、高額な宝石を売りつけられたという話を、見聞きすることがあります。(希少性の高い石だけでなく、中には偽物であったり、劣ったものを騙されたり、日本人ということで法外な価格でせまられるケースもあるようです。 当方に来られた方から、去年一年だけでも5件以上聞きました。)

弊社では、これまでの経緯と23年以上の専門店としての経験を踏まえて、安心してジョーティシュクォリティの宝石の選択をしていただけるよう、今後とも、日進月歩の最新技術や見解を調査しつつ、最高品質の石を、出来る限り安く提供することを使命としていきます。また疑問点などいつでもご相談ください。
持込の石のリフォーム、加工はできますか

持込の貴金属は加工に利用したり、代金から下取りできます。(K18、PTなどの刻印のあるもの)
しかし持込の宝石の加工は大変恐縮ですが、原則行なっていません。
細心の注意を払っていますが、石に万一のことがあった時、他店の石の場合、同じ石を保障、弁償することができない為です。大事な石であれば、購入されたところで相談されるのが安心です。
信頼できる店であれば、自店で販売した宝石は責任もって応じるはずです。
もしそのお店がすでに無いなど、不可能な場合、石に万一のことがあった時に保証ができない旨ご了承いただいた上で、当方で購入する宝石と組みあわせて加工する必要がある場合に限っては応じるケースもあります。
ジョーティシュのジュエリーへの加工は、石ごとに留める曜日が決まっていたり、加工する職人さんへの条件含めて一般のジュエリーとは異なる次元で幾つか一般的には難しい決まりごとがあります。
加工ができた後にも浄化とプージャや身に着け始めの吉日やマントラも必要ですが、当方で購入されたものでない場合でも、浄化、プージャ、吉日、マントラと瞑想伝授はお受けしています。(15,000円)
当方の宝石の場合は無料です

Q価格の高い石ほど効果があるのでしょうか

希少価値の高い石ほど価格は高くなりますが、弊社では直輸入直販、無駄な経費をなくして最高品質の石を、できる限り低価格で提供しています。

色、輝き、カット、カラット、総合的にパワーをみますが、実際に石をご覧いただき、気に入った石を身につけるのが理想的だと思います。

当社で扱っている石は、価格が安くても総合的な判断でジョーティシュ的にみて、効果を期待できる高品質な石だけを扱っています。自分が石を選んでいるようで、じつは石に選ばれているということもあるかもしれません。

相性のいい石、自然と惹かれる石、その石を身につけることを想像するだけでエネルギーが高まる石があります。
遠方の方で実際に石を見れない方は、予算と希望をお伺いして一番効果的な石を推薦します。
Q 宝石の浄化について

多くの人の手を経て製品となっていますので、宝石は浄化の必要があります。
ガンジス川の聖水、生のミルク、銀のヤントラプレート、マントラ等を使い浄化してから納品します。
購入した方がご自分で出来る簡単な浄化法もご案内しています。
Q代用石の効果は本来の石と比較していかがでしょうか

代用石は16歳以下向けとされていますので、出来る限り大きなものを身に着けるとよいです。
代用石と本来の石を一緒に身につけることは望ましくありません。
出来る範囲でベストなものを身に着けて恩恵を感じていただきたいと思います。
代用石のページもご覧下さい。
Qジョーティシュで使用する宝石は大変高価になるのではないですか

確かに品質の良いものなので、一般的に見て高価なものになります。
しかし多くの人に身に着けてもらえるよう、弊社では南米はじめ、鉱山近くまで直接仕入れにいき、広告費や経費も一切カットして、出来る限り安く、一般の数分の一の価格で供給しています。
ひとえに口コミでご紹介くださる方のお陰で広告の必要がなく、低価格が実現しており、この場を借りてお礼申し上げます。
Q宝石の質や大きさは効果に関係しますか

個人の誕生チャートにより、進められる重さ、色の濃さがあります。
色は濃くのっているほど高価が強まると考えられます。
例えばルビーならピンク系よりもピジョンブラッドと呼ばれる赤色です。
どの宝石にも共通するのは、キズやしみは可能な限り少なく、黒いインクルージョンは望ましくないので、
弊社では20倍以上のルーペで拡大し、厳しい検査を一つ一つ行い仕入れています。
Q合わない宝石を身に着けると、短命になると聞きましたが

個人のバースチャートの中で、不吉な星がある場合、それに関連した宝石を身に着けると、不吉な影響を及ぼし、増幅されてしまいます。

もちろん、100%不吉な星というのはなく、何割かは吉兆さもあるので、一時的に良くなるかもしれませんが、否定的な影響、場合によっては寿命を縮めることさえありえます。

では、惑星の吉、不吉はどのように決定されるのでしょうか?生来的凶星である火星や土星を強めても大丈夫なのでしょうか?

確かに惑星には、生来的な吉凶があります。例えば吉星は、木星、金星など、凶星は土星、火星などです。

しかし、生来的吉凶より、重視するのが、各個人の誕生チャートの12室の星座から導きだされる各惑星の吉凶です。

これを、生来的吉凶に対して、機能的吉凶などと言います。

星座には、それぞれ支配星があります。双子座の支配星は、水星、山羊座の支配星は土星、というように。

例えば第1室である上昇星座が、牡羊座だとします。牡羊座の支配星は、火星です。

インド占星術の原則によると、第1室の支配星は、吉星ということになっています。

ですから、この場合、火星は、吉星ということになります。

ただ、火星は、第8室蠍座の支配星でもあります。

インド占星術では、第8室の支配星は、凶星です。そうすると、この火星は、吉と凶の両面を持っています。

ただ、第1室の支配星は、チャートの主の肉体などチャートの主自身を表し、チャート全体から見て最も重要です。
ですから第1室の支配星を強めることで、チャートの主の肉体寿命や運命全体が改善されます。

ということで、上昇星座牡羊座の場合、支配星である火星を強める必要があり、火星を強める赤珊瑚が薦められます。

上昇星座乙女座の方の場合、乙女座の支配星は水星です。第8室は牡羊座で、その支配星は前述の通り火星です。
例えばこの方が、水星を強めるエメラルドではなく、火星を強める赤珊瑚を身に着けたとしましょう。どうなるでしょうか?
第8室の支配星火星が第1室の支配星より強くなって、寿命が短くなる可能性があります。

というのも、インド占星術の原則では、第1室の支配星より、第8室の支配星が強い場合、短命が暗示されるからです。
その逆で、第1室の支配星が、第8室の支配星より強い場合、長寿の可能性が高くなります。

ですから、宝石を身に着ける場合は、インド占星術の原則を熟知していないと、大変危険なこともあるのです。

前述の第1室の支配星以外にも、その支配星が、吉星となる室があります。第5、9室などです。

逆に、凶星となる第6、12室などがあります。

それらの吉と凶となる両方の室を支配している場合など、様々な観点から見てゆく必要があるのです。
Q宝石はどんなものを身に着けても効果があるのですか

これまで、述べてきたとおり、個人の生年月日時間、生まれた場所の緯度経度からインド占星学に基づくバース・チャートを作成し、その中から吉兆な惑星を調べ、関連している宝石を推薦します。
弊社では一生を通して身につけることが出来る石のみを処方します。

ただ宝石であればどんな品質のものでも良いということはなく、悪い品質の宝石は災いをもたらすと古典に記されており、品質の良いものを身に着けることが重要です。

体験談→

LAXMIJEWELRY

HOME