聖者たちからのメッセージ6

BY 渡辺秀幸
ルキ・バガヴァンの悟りの21日間
ディクシャ・コース体験報告

25年来の友人であり、四柱推命、
奇問遁甲術、気学の師である上谷登茂枝先生と。
上谷先生は、バガヴァンとの個別のダルシャンでバガヴァンより
直接ディクシャを受けられ、現在はディクシャも精力的に行っています
もうすでに3人のガンの方が治っています。奇跡の連続です。
HOMEへ戻る

ジョーティシュTOPに戻る

ジョーティシュジュエリー
TOPに戻る


サロンでの

ディクシャ案内


体験談

遠隔ディクシャ

遠隔ディクシャ体験談

ディクシャ会
イベントのお知らせ


ディクシャ会体験談

聖者たちのメッセージ6

お問い合わせ








聖者たちのメッセージ21

アカシックレコードとは?
BY シュリ・バガヴァン

渡辺秀幸

三峡ダム決壊による
人類史上最悪の大惨事は、
中国の環境破壊のカルマの所為?


前回、聖者メッセージ20において、
ゲーリー・ボーネル氏が、
アカシックレコードに書かれていることとして、
中国長江の上流にある三峡ダムの決壊で、
4億人もの人々が亡くなる、と、更に、
G・ボーネル氏によると組織内に腐敗があって、
いいかげんな工事をしたことが原因で倒壊すると、
一番問題になるのが水の重みだと、
述べていると書きました。

このことに関して、若干付け加えると、
G・ボーネル氏の著書
「5次元へのシフト 新・光の12日間」
(徳間書店刊)には、
地面そのものが巨大な水の重さを支えきれなくなり決壊する、
中国政府は、それを知っているが、
どうしていいかわからない、
更にもうこのイベントはスタートしているので変えられない、
と書かれています。

更にそのダムの決壊は、
中国のすさまじい環境破壊から来る、
というようなことが書かれています。

中国は欲望にまみれ、環境を制限するものがない、
中国だけでなく、世界の土地を破壊している、と。

ダムの決壊による多数の死者は、
その環境破壊の報い、カルマによる、ということですね。

G・ボーネル氏は、そのようなこともあって、
どうも変えられない、としているようです。

ダムの決壊が、地面から来るとすると、
現在の中国の技術では、崩壊を防ぎようがない、
ということのようですが、だからといって、
中国政府は、4億人の人々がある日突然、
ダム決壊による洪水に飲まれて死んで行く、
というような中国史上というか
人類史上最大のこの予測される惨劇に、
何の手を打たなくてもいい、
ということにはなりません。

最悪、長江流域の人々を避難させるという方法もあります。

日本の土木技術で回避可能?!

しかし、日本の技術を持ってすれば、
対処できるのではないか、と思います。

中国政府は、現状を把握しているのであれば、
この事態を公表して、日本や世界に助けを求めるべきです。

その前に、中国政府は、中国の教科書に見られるような
反日教育、反日政策を改めるべきです。

例えば、日本に原爆が投下され、
何十万人が悲惨な死に方で死んでいきましたが、
決して、日本人はアメリカ人を恨んでいません。

恨んでいないどころか、かなり友好的。

小泉元首相のような人もいるくらいですから(苦笑)。

これは、教科書はじめ、アメリカに対する
友好的な教育や政策のお陰。

ところが、日本と中国の関係と言えば、
戦後60年以上経つというのに、
なかなか仲良くなれなません。

これは、中国側の
反日教育、反日政策に大きな原因があるのではないか、
ということです。

例えば、日本では南京虐殺はあった、なかったの
肯定派、否定派の論争、
また殺害された人数など様々な説がありますが、
中国サイドからいえば、
当然、肯定派であり、
教科書に載せるな、と言っても絶対無理。

日本に対する教科書の書き方や
反日政策をなくしていくことで、
日本と中国はもっと仲良くなれるはずです。

日中韓(朝鮮)は兄弟

昨年2月に亡くなられた
故マハリシ・マヘッシュ・ヨーギーは、かつて
日本と韓国朝鮮、中国は兄弟、と言っていました。

日中がもっと仲良くなれば、
軍事費に中国8兆円、日本4兆円という、
馬鹿げたことにお金を使わなくて済むのです。

日本本土に米軍は完全に不要です。

さて、やっと本題です。

そもそもアカシックレコードとはどのようなものでしょうか?

アカシックレコードに関して、
カルキ・バガヴァンが語っている文章があります。

ホ・オポノポノの内容にも関係していますので、
ご紹介します。

□質問
考えとは何でしょうか?

それはどこから来るのでしょうか?

そしてなぜ良い考えと悪い考えの両方があるのでしょうか?

■バガヴァン

このような集会では、
そのことにあまり深く入っていくことはできません。

私たちがいえることは、
「考えは記憶の流れに過ぎない」ということです。

この記憶はいつも脳の中に流れています。

一方、この考えがどこから来るかという質問ですが、
それらは基本的には私たちが思考層(想念帯)
と呼んでいるところから来ます。

地球の大気圏のように、
思考層(想念帯)というものがあり、
実際に脳はそこから考えを受け取ります。

例えば、私たちが望めば、
ある人の中へ考えを送り込むことができます。

つまり、私たちが送り出し、
その人が受け取ることができるのです。

実際に人々は、考えを送信したり、
思考層(想念帯)からそれを受け取ったりしています。

次に、なぜ私たちが否定的な考えと
積極的な考えを持つのか、
という質問ですが、
どんな考えも自動的に反対の側面を作り出すからです。

そのため、否定的な考えと肯定的な考えの両方があり、
皆さんの脳の調整具合(チューニング)に応じて、
それらの考えを受け取るのです。

例えば、ある人がたくさんの否定的な考えを持っているとします。

私たちが彼のオーラに対して働きかけることで、
直ちに積極的な考えを受け取り始めるようにもできます。

それは、テレビのチャンネルを変えるようなものです。

これは実際に体験すべきことです。

思考層(想念帯)と呼ばれるものがあり、
皆さんはそこから考えを受け取っています。

いつも皆さんの中に考えが流れています。

それゆえ、皆さんが家を選ぶときも、
適切なバストゥ(家相)の家を選んだ場合には、
正しい種類の考えを持つでしょう。

反対にそこが否定的なエネルギーに満ちた家であれば、
その住人は否定的な考えをたくさん持つでしょう。

つまるところ、皆さん自身の脳から生じたのであれ、
思考層(想念帯)から来たのであれ、
すべての考えは過去のものです。

そして、それはただの記憶に過ぎません。

皆さんの記憶、あるいは、他の人の記憶、
それらはすべて、
私たちがアカシック・レコードとも呼んでいる
思考層(想念帯)に記録されています。

そこから絶えず考えは流れ出てきます。

ひとたび皆さんが悟れば、私たちがこの考えの流れを止めます。

(2009年9月4日渡辺秀幸記載)

聖者たちのメッセージ20

素晴らしいメソッド、ホ・オポノポノ
By渡辺秀幸

ホ・オポノポノの集いに1000人

今、ハワイの秘法と呼ばれる
ホ・オポノポノが大変人気というか、
脚光を浴びています。

今年5月頃、私の友人がホ・オポノポノの集いに参加したら
1000人近く集まっていたとのことでした。

日本にホ・オポノポノを著書を通して知らしめた
イハレアカラ・ヒューレン氏が、
直接の指導をされていたそうですが、
それにしても凄い人気です。

私も本(題名「みんなが幸せになるホ・オポノポノ」徳間書店刊)
を一冊購入して、読んでみました。

メソッドはヒューレン氏の先生が開発

タイトルの副題にハワイに伝わる癒しの秘法と書かれていたので、
伝統的な手法なのかな、と思っていましたが、
本をよく読むと、ヒューレン氏の先生、
ハワイ州の人間州宝となった伝統医療のスペシャリスト、
故モナ・ナラマク・シメオナさんが、
インスピレーションを得て開発した、
と書かれています。

本によると、ヒューレン氏は、殺人や強姦などの
重い罪を犯した精神障害者の収容施設で、
5年間仕事をすることになったそうです。

暴力が蔓延する収容施設で
ホ・オポノポノを実践


その施設に入った当初は、
収容者の間で暴力が蔓延していて、
収容者が暴れないように大量の薬を投与し、
手錠や足枷でベッドに縛り付けるようなことが
日常的に行なわれていたとのことです。

そこで、ヒューレン氏はホ・オポノポノによる
クリーニングを行なったそうです。

ヒューレン氏の先生であるモナさんも
一緒になってクリーニングされたそうです。

収容者のファイルを見ているうちに、
自分の体の内側に痛みを感じるほどになった、
と書かれています。

ヒューレン氏曰く、これはすなわち、
私(ヒューレン氏)と収容者たちとの記憶を共有したということだ、と。

その痛みは、収容者に異常な行動を
起こさせるプログラムそのものだったと。

そのプログラムを消去するために、
ヒューレン氏はクリーニングしつづけた、
と述べられています。

穏やかになる収容者、
平均7年の収容が
4〜5ヶ月で一般の刑務所に


そして、何ヶ月かしたら、収容者が落ち着いて、
投薬の量が減り、施設内を手錠や足枷無で移動できるようになり、
しばらくすると、回復する収容者も出てきて、
やがて4〜5ヶ月で別の施設に移すことが
できるようになったそうです。

収容者が穏やかになるとともに、
テニスやジョギングなども許可されるようになった、と。

それまで、1人平均7年も収容されていたのに、
4ヶ月から5ヶ月で一般の刑務所に移せるまでになった、と。

絶対に症状が改善することはない、
と思われていた収容者も次々退院するようになり、
ヒューレン氏がその仕事を辞めるときには
施設内の暴力は完全になくなり、
最終的にその施設の収容者は
1人もいなくなったとのことです。

そして、ヒューレン氏はこのように言っています。

「私はひたすらクリーニングをしつづけましたが、
誰も治したり癒したりしてはいません。

ここが大切なところです。

私の中にある記憶を手放しただけなのです。

私が自分の中の記憶を消去した結果、
収容されていた人たちが変わったのです。

どんなことに関しても、
すべての原因が全部自分にあると気づいて
クリーニングする人だけが、
自分本来の生きる価値を
取り戻すことができるのです」
と述べておられます。

ホ・オポノポノは一種のヒーリング?

ところで、このホ・オポノポノのメソッドはいたって簡単、
「ありがとう。ごめんなさい、許して下さい。愛しています。」
をただ心の中でマントラのごとく唱えるだけ。

ただ、収容所の人たちの症状が改善して
退院していった時のプロセスを見てみると、
やはり、これは一種の遠隔でのヒーリングをしていたのです。

収容所の人たちのファイルを見ているうちに、
自分の体の内側に痛みを感じるようになったと、
記述されていますが、
これは、他者にフォーカスして、
その他者と一体になるプロセスなのです。

我々の意識やマインド、或は肉体以外の精妙なボディは、
深いレベルでは繋がっている、
ということは心理学者ユングが明らかにした
集合的無意識の概念などによって、
多くの人に知られています。

私がよく言及する、統一意識、
さらに究極の悟りブラフマン意識においては、
相手にフォーカスすると他者が
完全に自己になってしまうわけです。

自他一体の境地ですね。

自他一体のプロセスで病を癒すを


こうなると他者の痛みが自己の痛みとして、感じられると。

そこで自己の内側(他者の内側でもある)を浄化してしまえば、
瞬時に相手の病気が癒されてしまうのですが、
高い悟りに達した人たちは、
病気というのは病を被っている人たちの
一つの学びだということで、
簡単には治しません。

上江洲先生もかつては、
多くの人の病気を一瞬にして治していた時代もあったそうです。

それこそ、病気の方が、ヒーリング会場に歩いて来る段階で、
治してしまったりしたこともあったそうです。

上江洲先生、脳腫瘍の人達を一瞬で治癒

しかし、病気治しは、逆に相手のためにならない、
と病気治しをやめていたそうですが、
先日、上海で脳腫瘍の人が二人ほど来ていて、
その2人には特別サービスなのか(笑)、
一瞬で治してあげたそうです。

おそらく、その2人が悟りを真剣に求めている、ということと
上海で今後、明想を広めて行く上で、
必要だと、直感的に感じたからでしょう。

中国、三峡ダム決壊で4億人が死亡?!

アカシックレコードを読むことができると言う
ゲーリー・ボーネル氏によると、
上海のそばを流れる長江の上流にある
三峡ダムがそう遠くない将来
水の重さで自然倒壊し、
4億人もの人々がなくなる、と
アカシックレコードに記されているそうです。

4万人ではありません。4億人です。

ウィキペディアで調べると、長江の
全流域の人口は4億5千万人にも達している、
と書かれています。

G・ボーネル氏によると組織内に腐敗があって、
いいかげんな工事をしたことが原因で倒壊すると、
一番問題になるのが水の重みだと、のことです。

水圧でダムの擁壁が破壊されてしまう、ということですね。

最近、私の家の前の擁壁が問題になっていまして、
擁壁に関しては、少し詳しいです(笑)。

話が横道に逸れましたが、
その二人の方の瞬時の治癒のプロセスを
先生にお聞きしたところ、
やはり前述したとおり、相手と一瞬、
一体化して、消してしまったそうです。

脳腫瘍が一瞬自分の脳に転写された、
と仰っていました。

愛のエネルギー、
純粋意識の光が病気を癒す

で、その病気を消してしまうエネルギーはやはり、
愛のエネルギーなのです。

神我、或は真我、ブラフマン、アートマン
といってもいいですが、
我々の内側に存在する宇宙創造の源、
至福であり愛であるところの
純粋意識が放つ光なのです。

ヒューレン氏は、病気や様々な問題は、
潜在意識の記憶が再生されることで起きる、
と言っています。

潜在意識の記憶をゼロ、
ノーマインド(無思考)の境地が悟り


私達の潜在意識が「ゼロ」、
仏教で言うところの「空」の状態になっていれば、
命の源である神聖なる知能
(Infinity/Divine Intelligence)
からの光が自然に通るようになり、
本当の自由が得られ、それが悟りだと。

ところがそれを遮っているのが、
潜在意識の記憶だと、
だからその潜在意識の記憶を
神聖なる知能に消してもらうのだと。

そして、その潜在意識の記憶を
神聖なる記憶に消してもらうために、
前述の言葉、
「ありがとう。ごめんなさい、許して下さい。愛しています。」
をただ心の中で
マントラのごとく唱えるわけです。

そのプロセスというかメカニズムもヒューレン氏
によって説明されていますが、
ディクシャや瞑想、ヨーガ、タントラなどとの関係など、
またこの続き書きます。

(以上、2009年8月26日記載)


聖者たちのメッセージ19

★ディクシャ&上江洲先生の
ヒーリング
について

★マハリシ、バガヴァンが語る
究極の悟りへの段階

★ディクシャ批判に答える★

ラマナ・マハルシがプンジャジに
与えた凄すぎるディクシャ


by
渡辺秀幸

何故、ディクシャで「私」という感覚が希薄になり、
至福と「自由」という感覚を体験するのか?

何故、完全な悟りに至っていない我々のディクシャで、
主観的体験としては、
覚者である上江洲義秀先生のヒーリング以上の
強烈な体験を多くの方がするのか?

私だけでなく、他の方々も同様に口にするのが、
ディクシャ中、ディクシャ直後は、
思考が完全に消え、「私」という感覚が希薄になり、
至福と「自由」という感覚を体験する、
というものです。

私は、この3年近く週1回位の頻度で
上江洲先生の悟りを目的としたヒーリングと
4年近くやはり週1回の頻度で
ディクシャを受けてきています。

以上のことから感じることは、
ディクシャエネルギーが悟りを開いていない
我々を通して流れて行くエネルギーだとしても、
基本的なエネルギーがやはり、
アヴァター(神の化身)と呼ばれるアンマ・バガヴァン、
或はパラブラフマンと呼ばれる至高の存在から来る
神聖なるエネルギーだからだと思います。

上江洲先生がディクシャを批判した理由


3年近く前、2006年の8、9月頃だったと思いますが、
上江洲先生の光話明想会を始めた当初、
多くのディクシャ・インストラクターが来ていて、
会場で皆さんにサービスという感じで
ディクシャをやっていました。

(私は、受付をしていて、ディクシャをしていなかったのですが)

その時、地方から来ていたあるインストラクターの中に、
怒りのエネルギーでいっぱいの方がいたのです。


おそらく上江洲先生はその方を見て、
ディクシャ中にディクシャ・インストラクターから
受け手に大変否定的なエネルギーが入って行っていると、
怒りのエネルギーが入って行っていると、
これは非常に問題である、
旨の発言を講話中にされました。

その後の質疑応答の時に、
前述の方が自分は怒りで一杯で、
その怒りの処理方法について尋ねたので、
先生は主にこの人のエネルギーを見て
講話でディクシャに対して否定的な見解を述べたのだな、
と後になって気づきました。

当時結構、たくさんディクシャ・インストラクターが
来ていましたから、
他にもネガティブエネルギーを持っている方を
見て言ったのかもしれませんが。

その2〜3ヶ月くらい前に、
私が主催するディクシャ会で、
私がディクシャをしている時に
現れている光の写真を見て、
上江洲先生が渡辺さん大変素晴らしい、
と褒めていたと、
久保栄治さん(NBAバレエ団を主催し、
世界的なバレエご一族です。
サイトをリンクしています)
から聞いていました。

その後も私のディクシャ
(先生はヒーリングと言ってましたが)
を認める発言を先生から直接聞いていましたので、
講話でディクシャを否定する発言を聞いた時には、
あれっ、という感じでショック
というかがっかりしました。

しかし、先生が言っている意味を
私も同意するところがあったので、
一応その時は、
私なりに前向きに捉えようとしていたのですが、
周りでは、先生の発言に反発するインストラクターもいましたし、
先生の発言を聞いてディクシャから
離れていった人達も結構いたようです。

やはり上江洲先生位の方の発言の影響力は大きいですね。

ただ、私自身、他のインストラクターの
ディクシャを4年近く受けてきて、
先生も果たしてトータルにディクシャを
理解していたのだろうか、
という疑問があります。

それと、最近ある本の中で、
その中でやはりディクシャを批判していて、
一部真実を述べているところもあるのですが、
その人の場合基本的に的外れなので、
これ以上ディクシャに対する
誤解が拡がらないよう、
ディクシャをやる側から、
きちんとディクシャについて
説明していた方がいいかな、
というのもあって、この文章を書いています。

ホームページで紹介している
これまで頂いたディクシャの体験談を
見ていただければ分りますし、
我々インストラクターの体験から言っても
ディクシャが素晴しいことは
疑う余地がありません。

前述のように、 多くの方がディクシャ中、ディクシャ直後は、
思考が完全に消え、
「私」という感覚が希薄になり、
至福と「自由」という感覚を体験する、と言います。

どのように考えても、これらの体験が、
上江洲先生が仰っているように、
否定的なエネルギーだけが流れていった結果、
起こるはずはないのです。

基本的なエネルギーがやはり、
アヴァター(神の化身)と呼ばれる
アンマ・バガヴァン、或はパラブラフマン
と呼ばれる至高の存在から来る
神聖なるエネルギーだからだと思われます。

ディクシャ・エネルギーは
神意識に到達しないと見えない

ところが、外部からは、その神聖なるエネルギーは、
5.5次元(アートマンとブラフマンの中間)以上の
存在にならないと、見えないのです。

何故かと言いますと、
その神聖なるエネルギーは、
この相対界の最も精妙なレベルの
エネルギーだからです。

純粋意識が放つ光なのです。

そのレベルの光が見えるようになるためには、
少なくとも最初の悟り、
5次元と言われるアートマン
(私という個別性が残っている純粋意識、
本当の自己、つまり真我、
マハリシ・マヘッシ・ヨーギーは
宇宙意識と呼んでいました)
に達しているだけでなく、
更に相対世界の最も精妙なレベルを
知覚できるほどに意識が深化、
拡大していなければならないのです。

その時には、この相対世界の対象の
背後にある純粋意識が放つ光を
常に認識していると言います。

マハリシは、この意識状態を
神意識と呼んでいます。

マハリシによると、その時には、
世界は黄金色で輝き、
神聖なる愛のエネルギーが
奔流のごとく波打っているように
知覚出きると言います。

マハリシは、神意識の状態から見える世界について
更にこのように表現しています。

「この世は神の活動相を示します。
全てのものが、
至福意識の永遠の海における波として、
うねり高まっているのです。

一つ一つの知覚、
一つの言葉の音、
一つの小さな粒子の感触、
一つの匂いが、
永遠至福の海からそれぞれの波を運んできます。

一つ一つの想い、言葉、行為は
永遠の潮のうねりなのです。

静あるいは動の、
あらゆる存在状態において、
隠された神の栄光が現象界に踊っているさまが、
目に映ります。

絶対は相対の中で踊ります。

永遠は無常の各瞬間に漲っています。」

(読売新聞社刊、超越瞑想入門より抜粋)

この神意識の状態は、
心の本性の純粋意識(アートマン)を完全に
意識しているだけでなく、前述のように、
五感を通して認識する対象の背後に、
純粋意識の光、
より正確に言うと、
相対世界を生み出す本源である
純粋意識が放つエネルギーというか
光を認識している状態なのです。

最も五感が研ぎ澄まされた状態といえます。

最高の神、パラブラフマンへの段階


この意識状態から、
更に意識が深化拡大していくと、
今度は相対世界の背後に純粋意識が放つ光だけでなく、
純粋意識そのものを認識できるレベルに到達します。

それが、タットワマシー(汝はそれなり)、
統一意識と呼ばれる意識状態です。

見られる対象との一体化です。

その見られる対象が更に拡大して、
宇宙大まで拡大し、
更に見られる対象である宇宙
(ここで言う宇宙は、この物質宇宙を含め、
相対世界全体を指します。
バガヴァンが言うところの21のローカ=世界)

と完全一体化した状態が、
アハン・ブラフマスミ(我はブラフマンなり)、
ブラフマン意識と呼ばれる状態です。

6次元と言われています。

カルキ・バガヴァンは、この悟りの状態の段階的成長を、
このようによく表現します。

まず、内側でのワンネス
(渡辺注、アートマンと合一)、

その後、

家族や他の人々、
植物、動物など周りのものとのワンネス
(タットワマシー、統一意識のこと)、

大宇宙(ブラフマン、相対、絶対全てを含む全体性)とのワンネス、

そして、最後に、
究極のワンネス、

神(パラ・ブラフマン)とのワンネスがある、
と言っています。

以上が、より高い悟りへのプロセスです。

ということで、5.5次元、つまり神意識にならなければ、
相対世界の最も精妙なレベルを知覚できない、
ということなのです。

粗雑な表面だけ見てジャッジ批判する愚

ところが、ネガティブエネルギーと言われるものは、
粗雑というか、粗い波動なので、
ある程度アストラルレベルの霊視が、
出来る人達であれば、
黒っぽい波動(怒りの場合は赤が入っているかも)として、
視ることが出来るのです。

オウム事件の後、マインドコントロールのことが話題となり、
マスコミがよく取り上げていましたが、
その時に、TM瞑想もカルト的に見られていた時期があり、
妻から聞いた話によると、
ある雑誌に霊視が出来る
と言う人のTM瞑想の
体験レポートのようなものが載っていたそうです。

その雑誌には、グループで一緒に瞑想している時に、
瞑想している人達からもやもやと
得体の知れない、黒っぽい煙のようなものが
出てくるのが見えた、
だから、この瞑想はは危ないものである、
かのように書いていたそうです。

この霊視が出来ると言う人は、
瞑想で純粋意識を体験した結果、ストレス、
つまりネガティブ・エネルギーが解消しているところ、
つまり肉体から出て行くところを見ていたわけなのですが、
純粋意識が発している光までは、
見えていないのです。

表面的なところだけ見て、言っているわけです。

ものごとには様々な面があって、
たくさんの要素があります。

自分に都合のいい面だけ切り取って、
ジャッジし、コメントしている、
というのが私を含め多くの人達が
行なっていることです。

的はずれなディクシャ批判に答える


前述のある本には
この200年の間に本当に霊的なディクシャを出来る人は
インドで1人いた、
しかし、その人は、ディクシャを与えることはしなかったと、
その理由は個人個人自らの霊性の成長を重視したからだと、
などと書いてありました。

この200年間にたくさんの聖者、覚者が、
インドでは生まれています。

例えば、彼が彼の著書の中で
最も評価しているラーマクリシュナがいます。

ラーマクリシュナが生きた1836年から
1886年という年代から推察するに、
この200年と言っているところから、
彼が言う1人とは、ラーマクリシュナ
のことを言っているのでしょう。

ラーマクリシュナのみが、
この200年の間に本当に霊的なディクシャを出来たと。

しかし、その人は、ディクシャを与えることはしなかったと。

しかし、彼の言うこの200年で
ディクシャを与えられる唯一の人物
ラーマ・クリシュナが、ヴィヴェーカーナンダに
ディクシャ、つまりシャクティパットでサマディの
体験を与えたことは有名な話です。

全ての覚者たちがディクシャを与えている

そもそも、悟りを開いた覚者と言われる人達は、
ラーマクリシュナに限らず、
間違いなく全員がディクシャを弟子達に与えている、
と断言できます。

例えば、有名な女性聖者アマチ、
彼女のハグは、実はディクシャなのです。

マハリシ・マヘッシュ・ヨーギーやバガヴァンも
認めていたように大変高い悟りに達している方です。

彼(ディクシャ批判をしている人)は
ラマナ・マハルシも評価しているようですが、
ラマナもプンジャジに二度にわたりディクシャを与えて、
悟りを開かせています。

「覚醒の炎」プンジャジの教え(ナチュラルスピリット刊)
という本の中に、 一度目と二度目のディクシャ体験が
詳細に書かれていますが、二度目の体験を書き記します。

ラマナ・マハルシがプンジャジに
与えた凄すぎるディクシャ


(引用開始)

(ラマナ・マハルシが、プンジャジからの質問に答えた後)

そう言うと、彼は私を強烈に見つめた。

すると私の心と身体が浄化の波に洗い流されてゆくのが
感じられた。私の心身は彼の沈黙の眼差しによって
清められていった。

私は彼の目が私のハートの中を強烈に
見つめられているのを感じていた。

その魔法のような眼差しの中で、
私の身体の中のすべての原子が浄化されていった。

それはあたかも新しい身体が創りだされていくかのようだった。

原子の一つ一つを通して古い身体が死んでいき、その代わりに新しい身体が創りだされていくという変容の過程が続いていった。

その瞬間、突然私は私に語りかけていたこの人が、
真実、私がすでにそれであったもの、
私が常にそれであったものであることを理解したのである。

私が真我に目覚めた瞬間、
そこには突然の認識の衝撃があった。

私はここで「認識」という言葉を故意に用いている。

なざなら、その体験が明かされた瞬間、それは疑いの影もなく、
私が六歳のとき、ラホールでマンゴー・ジュースを
受け取ることの出来ないまま没入した
平和と幸福の状態と同じものであることを悟ったからだ。

マハルシの沈黙の眼差しは、私をその原初の状態の中に確立させた。

外側に神を求めようとする衝動は、
マハルシが私に明かした
真我の直接の体験と知識によって消滅した。

そして私は私の霊的探求が終焉したことを知ったのである。

(引用終り)

上記の記述は、明らかにラマナが、
プンジャジに与えたディクシャを描写しています。

ナヤナ・ディクシャ、目によるディクシャです。

上江洲先生が、沖縄でI・Hさんとの最初の出会いの時に、
ナヤナ・ディクシャ行なっていますね。
(詳細右クリック))世にも美しき出会いの物語

覚者たちは、様々な形でディクシャを弟子達に与えています。

例えば、弟子が遠方にいても、
師がその弟子のことを意識するだけでディクシャになるのです。

グル(導師)と言われる人達は、
数名同時に意識できると言われています。

ところが、アンマ・バガヴァンのようにアバター(神の化身)、
或はブラフマン、パラブラフマンと呼ばれる
究極の意識に至った存在は、
同時に何千、何万人にも意識を向けられるのです。

パラ・ブラフマン、絶対状態であるブラフマンと一体化し、
相対レベルでは最高度に進化した存在である最高神と
合一した存在からのディクシャは、
ディクシャというより、恩寵と言った方が相応しいかも知れません。

そもそも、我々がディクシャをするという行為が、
アンマ・バガヴァンのディクシャを受けるという行為なのです。

アンマ・バガヴァンがディクシャをする
我々インストラクターを意識しないと、
ディクシャ・エネルギーが流れて来ない訳ですから。

また、我々がディクシャをする時とは別に、
アンマ・バガヴァンは、
何千人というインストラクターに
毎日、ある時間に定期的にエネルギーを
送ってきています。
(全員ではありません。
ある特定の条件を満たした人達に対してです。)

おそらく、このディクシャ批判をしている彼は、
インドなどの覚者に関する情報を収集しているのでしょう。

その覚者達を霊視(彼はリーディングと呼んでいる)した結果と
その覚者に関する文献を読んで、
ジャッジしているものと、思われます。

そもそも、覚者たちの意識レベルをジャッジ出来る様になるには、
ディクシャエネルギーを見れるようになるのとの同じで、
前述のように神意識以上になる必要があります。

この人がどのレベルまで見えるか分りませんが、
本を読む限り、いい線はいってると思いますが、
最初の悟り、宇宙意識にも達しているとは思えません。

よくオーラが見えると言う人達がいます。

せいぜいアストラル体のオーラを見ています。

そういう人達は、より精妙なレベルを見ないで、
ジャッジしています。

特に悟りを開いた人達の中には、全くと言っていいほど、
肉体、エーテル体、アストラル体など、
純粋意識からすると粗雑なレベルの
エネルギーを出していない人達がいます。

例えば、上江洲先生がそうです。

そういう人達には、上江洲先生は、逆に評価できないようです。

プンジャジの教え
「あなたは自分自身の
真我に直面しなければならないのだ。」


「天上界のブラフマー神でさえ、
束縛され解脱を求めている」

プンジャジは前述の著書の中で、このように言っています。

(引用開始)

私は道徳的な規律をあなたに与えない。

それは宗教のすることだ。

私は言う、規律もヨーガも要らないと。

あなたが行くべきところなどないのだ。

教会や巡礼に行くことも、
聖なる河で沐浴することもない。

それらは助けにならない。

あなたは、ヒマラヤに行くかも知れない。

どこかの寺院へ行くかもしれない。

だが、そのようなことは助けにならない。

それは間違いない。

あなたは自分自身の真我に直面しなければならないのだ。

もしこれを無視して天上界のブラフマー神に会いに行ったとしても、
彼にあなたを助けることは、彼にあなたを助けることはできない。

なぜなら、彼自身が束縛されているからだ。

彼自身が解脱を求めている。

すべての神々は解脱を待ち望んでいる。

最高の神、最高の教会、最高の寺院はすべてあなたの内側にあるのだ。

ただそれが見えないため問題が起こる。

それが、内面にあるため、あなたは注意を向けずにいる。

それはあなたには簡単すぎる。

あなたは困難なほうを好むのだ。

あなたは探求が困難なものであってほしい。

だが、あなたが探しているものは常にそこにある。

それはあなたの呼吸の背後にある。

今、それを見てみなさい。

どこに呼吸は位置しているだろうか?

それはあなたの網膜の背後にある。

ただ内側を向きなさい。

網膜の背後を見なさい。

そして目に光と見る力を与えるその場所を見るのだ。

誰もこのことについて語ってこなかった。

誰もあなたにこのことを話さなかった。

網膜の背後に一つの場所があり、
網膜はその場所から顕現全体を見る力を得ている。

ただそれだけを知るだけでいい。

ただそこを見なさい。

ヨーガによっても、ヤグニャ
(渡辺注、神々への礼拝儀式、供養)
によっても、祈りによっても、
慈善によっても、巡礼によっても、沐浴によっても、
それを達成することはできない。

私が語るこの場所は、神聖な中でも最も神聖な場所だ。

ひとたびその中で沐浴すれば、それで充分だ。

その沐浴とは何か?

この神聖な沐浴とは、汚れなき無想の境地のことだ。

このガンジス河で、この聖なる水の中で、
この想念の起こらない場所で沐浴しなさい。

(引用終り)

このディクシャ批判した人は、
著書の中で、神は不可知な存在だと、
ただ人間は弱いから、分らないままにしておくと、
神を讃え大事にする気持ちが続かない、ということで、
神界のヒエラルキーについて記した、と書いています。

しかし神界と言っても、
プンジャジが言及するように、
所詮悟りを開いていない存在たちの世界なわけです。

神々は、インドではデーヴァと呼ばれていますが、
神々のいる神界と言っても4次元レベルと言われています。

(彼は11次元まで記していますが、彼の言う次元とは違います。)

彼は、彼が唯一霊的なディクシャを出来る人が1人いたが、
ディクシャを与えることはしなかったと、
その理由は個人個人自らの霊性の成長を重視したからだと、
言っている訳ですが、
プンジャジはラマナのディクシャのお陰で、
悟りという最高の霊性の成長を得、
このような素晴しい言葉を残しているわけです。

そして多くの人々が助けられ、
つまり霊性の成長を得ているわけです。

そのプンジャジは、ガンガジにディクシャを与え、
ガンガジはやはり最高の霊性の成長を得、悟りを開き、
人々を最高の霊性の成長である悟りに導いている訳です。

覚者でない霊能者が
人々を真理から遠ざける

しかし、それにしても厄介なのは
悟りを開いてないにもかかわらず、
霊視、透視などの霊能力があると言う人々です。

新興宗教の教祖に多いです。

この人達は、物事の表面、一面だけ見て、
或は、間違った判断、見立てで、
人々を迷わせている場合が多いのです。

神と悪魔は紙一重と言いますが、恐ろしいですよ。

霊界や神界と言っても我々普通の人達には、見えないわけですから。

ところが、その凡人には見えない世界の話であっても、
誰もが納得できるような、
正しいと思われるようなことも
もちろん入っているわけです。

そうすると、見えない世界を見える私が
言うことは概ね正しいと思わせられる訳です。

人々には間違っている部分というか、
不正確なもの、それこそデタラメでも、
信じ込ませられるのです。

このように、悟りを開いてないのに、
霊的なものが見えると言う人達は、
いかにも自分は、あなた方より見えている、
知っていると、
だから、私が言うことは正しいと、
ディクシャに関してもそうですが、
色々な面で信じ込ませ、
人々を真実(真理)から遠ざけている場合が多いのです。

ですから、悟りを開かせるということが、
最も重要な人々の霊性の成長を促す行為なのです。

グルジェフ・ワークのことが書かれてありましたが、
これについては、正しく理解しているようです。

あと、著書にはこのようにも述べらています。

お金を出して資格を買うようなものはデタラメだと。

集金するための欲まみれの波動を感じると。

これを私なりに解釈、翻訳すると、こうなります。

お金を出してディクシャという資格を買える様にしたのは、
つまり資格を売っているのは、アンマ・バガヴァンです。

だから、アンマ・バガヴァンはデタラメだと、
或はディクシャはデタラメだと、
アンマ・バガヴァンは、集金するための欲まみれだと、
こういうことになります。

まぁ、いいでしょう。彼がどのように思おうと(笑)。

確かに、世の中の資格と呼ばれるものは、
司法試験でも医師試験でも何でも、
資格試験を通った人間が、
資格を与えられる、というものになっています。

何故、試験が必要かと言うと、
その資格をもって仕事なり業務を遂行していく時に、
その資格に伴う知識なり、技術が必要だからです。

誤った知識を持った医者が診断や手術をすれば、
病気を逆に悪化させたり、
人を死に追いやることもあるでしょう。

その為に確かに試験が必要です。

しかし、知識、技術それ以前に、
人間的に不適格者が、医者になったり、
法律家になったり、
政治家になったりしているのが現実ですが。

ディクシャを与える資格を得るのに、
確かに試験などはありません。

何故なら、難しい知識や技術は必要ないからです。

(とは言っても、以前は21日間、
現在は1週間位の研修が必要ですが。)

ですから、お金を払って資格を得ている、
と言われればその通りかもしれません。

スピリチャルなものに
お金を払う行為の意味


しかし、我々がこの世界で何かものを得るときには、
有形無形を問わず、そのものの価値に対してお金を払う、
というのは当然のことです。

たとえそれが、スピリチャルなものだからと言って、
タダで得ようとするのは、
乞食根性以外の何ものでもありません。

お金を払うことで、作用と反作用の法則、
つまりカルマのバランスをとっています。

一方的に無償で与えられることは、かえって良くないのです。

サットカルマ(善徳)のマイナス、借金になるのです。

サットカルマは、我々人間が、悟りに向かって進化していくための、
強い原動力になっているのです。

そこに価値を認めれば、
百万、一千万、或は一億円出しても、いいのです。

そのようにして、多くの人達が、何か資格を取るために、
何百万、何千万とお金を掛け、時間をかけ、
資格を取っています。

たまたまディクシャ与える資格を得るのに、
難しい知識や技術は必要ないので、
試験も時間も必要なかった、ということなのです。

アンマ・バガヴァンの意識レベルが分らない、或は、見えない人が、
どうして覚者方の意識レベルを判ることが出来るでしょう。

彼の見立てだと、アンマ・バガヴァンなど悟った存在ではなく、
物欲の塊とでも言うのでしょうか。

私はこれまで、アンマ・バガヴァンの写真を見ただけで、
この人達は、凄い意識レベルに達していると、言って
アンマ・バガヴァンの下を訪ねた人達を何人も知っています。

例えば、あのマハリシ・マヘッシ・ヨーギーの弟子で、
現在はインド中心に世界的に帰依者を集めている
シュリ・シュリ・ラヴィシャンカールも
バガヴァンの下を訪ねています。

彼は、本を読めば判りますが、完全に悟りを開いた人です。

また、覚者上江洲先生もバガヴァンを認める発言をしています。

また、日本が生んだ最高レベルの覚者と言われる
五井昌久さんの白光真宏会が「世界平和の祈り」を一昨年春、
バガヴァンの主宰するゴールデンエイジ・ムーブメントと
ジョイントで行なっています。

おそらく、近々、ダライ・ラマもバガヴァンの下を訪ねるでしょう。

リーディング、霊視といっても、
所詮、ラーマ・クリシュナといい、
ラマナ・マハルシといい、
すでに他の覚者方から認められ
歴史的な存在になっている
覚者たちを評価しているに過ぎないのです。

更に彼は、このように言っています。

このような自己が持つ霊的磁気を汚す伝授儀式は、
後年、身体の病気やウツ病の原因となってゆく、と。

これまで、私だけで、この4年間で3〜4人、
うつ病の人が遠隔ディクシャで治っていますし、
私の30年来のの瞑想仲間若狭利男さん
(若狭さんサイトhttp://somatech.ld.infoseek.co.jp/index.html
は、半年くらいの間に1週間に1度の遠隔ディクシャ
で3人位ガンを治しています。

やはり、私の30年来の友人上谷登茂枝さんは、
母親に車椅子で連れてこられた
重度の癲癇の少年を、その場で治し、
その子が歩いて帰った例もあります。

上谷さんはガンの人もたくさん治しています。

これが、彼が言う自己が持つ
霊的磁気を汚す伝授儀式なのでしょうか?

それとも、今は病気が治っているが、後年、
身体の病気やウツ病の原因となってゆく、
とでも言うのでしょうか?

まぁ、いいでしょう、それぞれ、
皆、物事の一面だけ見て、
自己の都合のいいことを並べ立てている訳です。

私もそうですが(笑)。

また、続き書きます。

2009年7月1日

聖者たちのメッセージ18
シュリ・バガヴァンが語る
「死後体験」
by渡辺秀幸

「最近、身近な人がよく亡くなるのよね〜。」

と電車の中で数人の年配の女性たちが
おしゃべりしているのを小耳に挟みました。

その時は、おしゃべりをしていたのが、年配の方々だったので、
年齢的なこともあるのでは、と思っていましたが、
確かに、私の身の回りでも、
最近、若いのに亡くなられている方が
多いように思います。

バガヴァンが言及するように、
フォトンベルトの影響で
地球の共鳴振動が上昇してきていて、
地球のハート(心臓)の転換が始まっていることが、
関係しているのでしょうか。

バガヴァンによると、
地球は物理的な体と同様に意識をもっていて、
地球のハートの開花とシンクロして、
人類のハートも開いてきていると。

ところが、人間関係が整っていないと、
特に妻や夫、両親との関係が整っていない人は、
トラブルを受けてしまうそうです。

突然訳の分らない病気になる、
健康であるにもかかわらず心臓麻痺などで死んでしまう等。

だから、シュリ・バガヴァンは言います。

「人間関係を整えてください。
ハートを整えてください。
そのために皆さんは、
内側で両親や妻や夫など周りの人を
ジャッジすることをやめなければなりません」と。

死は誰しもいづれ迎えなくてはならない現実です。

多くの方が死を恐れます。

私もかつてそうでした。

確か私が5歳位の正月に、「今」、この瞬間しかないんだ、
「今」「今」「今」の連続が人生だ、
と強く感じたことを昨日のように思い出します。

それは、半世紀を経た「今」も変わりません。

が、今は時間の感覚が無くなって来ていることが、
以前とは決定的に違いますね。

時間を超えた永遠の「今」しかない、
という感じになってきています。

これは、ひとえに、
純粋な気づき(純粋意識)が定着し、
ノーマインド(無思考)状態が、
持続するようになった為と思われます。

純粋意識は、完全に静寂で,
そこには時間、空間は無いのです。

何故かと言うと、
純粋意識は「観る者」と「観られるもの」
そして「観るプロセス」が、完全に一体化していて、
完全な静寂、
動きというものが全く無いからです。

しかし、純粋意識が定着してきても、マインド(思考)があると、
やはり、思考という動きというか流れに、
少しであっても巻き込まれているので、
時間がない、という感覚には至れないのではないか
と思います。

昔、私が子供の時、手塚治虫が原作の「時間よとまれ!」
というテレビドラマがありました。

主人公の少年が「時間よ止まれ!」と叫ぶと時間が止まってしまい、
全てが静止した状態となって、
その間に少年が自由に動いて物事を変えてしまう、
という確かストーリーだったと思います。

時間だけでなく、空間(現象)も止っている訳ですね。

時間とは、空間(現象)の動き、
とも捉える事が出来るかもしれません。

車とか、電車とか、動いてるものが目の前に全く無く、
音も無く、思考を数秒でもストップさせられるならば、
時間が静止している、或は時間がない、という
感覚が多少掴めるのではないかと思います。

しかし、空間を観ている主体である
純粋意識、観照者には時間だけでなく、
空間も無いのです。

(実際に空間を知覚・認識しているのは、精妙なマインドですが)

マインドの本性に純粋意識が、
ノーマインドの時間が頻繁に現れるくらい
定着してきている場合、
外側の現象面にはほとんど捉われていないので、
外側で誰かが大騒ぎしていても、
何があっても、
純粋意識の質である静寂とともに、
時間がないという感覚が
むしろ自然かと思います。

ところで、5歳の時は死ねば終り、「永遠の無」、と思っていました。

ですから、死を意識することは、大変な恐怖でした。

その死に対する思考というか恐怖から逃れるために、
よく大声を出して走り回ってました(笑)。

その後、20歳位の時に、岩手の友人の家で、
数十万年前(ようするに大昔)にタイムスリップして、
前世体験をしてから、
死後の世界とか輪廻転生を信じるようになりました。

本当に救われた、という感じでした。

その大昔にタイムスリップして、
前世体験した時も、その時の「今」でしたね。

その体験は至福と安らぎと懐かしさ、完全な静寂の体験でした。

その体験が、本格的に精神世界に入るきっかけでした。

その体験を再び味わいたいと。

前世と言えば、
8年前に、バガヴァンとのダルシャンの時に、
当時、本業が行き詰り、経済的にピンチ(マイナス財政)だったので、

「バガヴァン、私に合った何か他に良い商売はないですかね?」(笑)

と聞いた時に、バガヴァンは、
女性の一番弟子のサマダシンさんに20分位瞑想させ、
その後サマダシンさんに私と妻の前世を教えてもらいました。

それに対してバガヴァンから
「そう、あなたの前世は、あーで、こーだから、
今生でもこういう仕事をしたらよい」と、
色々アドバイスをもらいました。

日本に帰ってすぐにバガヴァンのアドバイスに従い、
インド占星術の鑑定を始めた、という経緯があります。

お陰で、これは、とても成功しています。

さて、カルキ・バガヴァンが死後の状態について語った文章があります。

これを読むと、決して死は恐れるものではない、
本当は祝うものなんだ、という感を深めます。

▼質問者▲
生と死について教えて下さい。

▽バガヴァン△

私にとって、皆さんは
五十歳、四十歳、二十歳、八歳という年齢ではありません。

あなた方はとても古い、太古の存在です。

皆さんの中には、数千歳の人もいれば、数百万歳の方もいます。

そして、あなたの歳が何歳だったとしても、
この地球でのあなたの目的が終わった瞬間、
去らなければなりません。

もしあなたが私の運動の賛同者だとしたら、
あなたは私のもとに来るか、
あなたのカルマが誘うローカ(世界)へ行くことになります。

もし誰か私の賛同者が若くして事故に遭って亡くなったとしても、
その人のことを嘆き悲しむ必要はありません。

彼は彼の存在目的を完了したので、私のもとまで来たのです。

そして私は残された家族の面倒を見ます。

死とはとても美しい体験です。

痛みは一、二分だけです。

あなたが肉体から離れる痛み、
あなたのアストラル体が切断される痛みです。

その後は、とても満たされた体験です。

身体から離れても、あなたは周りの物事を見たり聞いたり出来ます。

人々の心の内側の考えを、
まるで彼らが言葉で語っているように聞くことができます。

人々が涙を流すとき、火葬や埋葬での儀式のとき、
やっとあなたは自分の死に気づきます。

このときまで、あなたは自分の身体に戻ろうと努力し続けます。
その努力が無駄だと確信したとき、他の世界への旅が始まります。

より精妙な体があります(この体については、
それぞれの宗教がそれぞれの名称を使っています)。

この体は想像できないほどの猛スピードで移動します。

銀河も超えてビュンビュン飛んでいきます。

あなた方の多くは、旅の前半はピトゥル・ローカという世界へ行き、
そこで先祖たちと会います。

今までの何世代もの人生の関係者、
夫たち、妻たち、子供たち、親たちと出会います。

そこであなたに分離感が訪れます。
この旅は全部で十日間かかります。

その間、直前の人生の記憶が、
責める気持ちと感謝の気持ちの両方を伴いながら
押し寄せてきます。

そして、人生に対するあなたの気持ちが、
愛なのか憎しみなのかによって、
天国か地獄に行くことになります。

天国と地獄は存在します。
しかし、あなたの善悪を計って裁きを決定するような神はいません。
神はサディスト(残酷好き)ではありません。

すべての後、あなたは人生回顧のために
美しいローカ(世界)にやって来ます。

ここであなたは自分の人生の回顧を行います。
次から次へと出来事を振り返ります。

そこで登場した人たちの内側がどんな気持ちだったかを、
相手の身になって体験します。

あなたが原因で人が体験した苦しみや喜びを、
あなた自身が体験します。

ここであなたは、あなたが人にジャッジを加えたように、
自分自身にジャッジを加えます。

この回顧の体験は全体で三分ぐらいのゲームのようなものです。

もしあなたがこの人生の問に、
愛を発見できていなければ、
あるいは私との絆を発見できていなければ、
あなたはもう一度人生を望みます。

自分を苦しめた人たちに対して次の人生で復讐したいと願うか、
あるいは、自分が苦しめた人たちへの償いのために、
今度は彼らから自分が苦しめられたいと願います。

あなたの心が花開き、
そしてあなたがバクティ(献愛)を発見したときのみ、
あなたはサティヤローカ(天国)へと入ることが出来ます。

そうなれば生まれ変わることはありません。

別の世界へ行って、
そこにいるものたちを助けるために生まれ変わりたい
と自分から選択しない限り、
生まれ変わることはないのです。

子宮の受け入れ状況と、
あなたとカルマ的に関わるすべての人たちとの関係によって、
このドラマを演じるためにこの世界に降りてきます。

この繰り返しをあなたは何千回も続けてきました。

少なくとも今回、あなたが死んだら、
私のもとにやってきます。

Oneness on the earth vol.1
(有)カルキ・センタージャパン発行より抜粋

2009年4月22日

聖者たちのメッセージ17
内側を見れば、
人生は奇跡となる
by渡辺秀幸

カルキ・バガヴァンは、常に心の内側を観ることの重要性を説きます。

カルキバガヴァンの最新メッセージです。

「内側で生じていることをただ観ることで、
人生のあらゆる瞬間が喜びとなります。

お金も、名声も何も必要となくなり、
安全すら必要なくなり、死をも恐れなくなります。

そして不思議なことに人生そのものが
あなたの面倒を見てくれるようになります。

正直な人間
(渡辺註、常に内側を観ている人、内側に気づいている人)

であって食料がないなら、食料があなたにやってくるでしょう。

その様な事が起こるのです。人生は奇蹟となるでしょう。」

カルキセンタージャパン発行、ワンネス通信より抜粋編集

この話を聞いて、
私は即座に老後のためのある保険を打ち切りました(笑)。

2009年4月22日

聖者たちのメッセージ16
悟りへのプロセス
by渡辺秀幸

N・マハラジの言葉〜ハワイの秘法ホ・オポノポノ

「苦痛の受容=自我の終焉」、

「私がある」という感覚に
注意をむける、とは?


早いもので、あっというまの2009年で、今日は立春です。
私も気学や中国系の占星術も研究したりしているものですから、
立春以降が新年という感もあります。

で、今年はインドの覚者ニサルガダッタ・マハラジの
素晴しい言葉を新年のご挨拶代わりに紹介させて頂きます。

Q.苦痛は受け容れがたいものです。

A.(マハラジ)どうしてかね?試したことがあるのかね?
試してみなさい。

そうすれば苦しみには快楽が生み出すことの出来ない
喜びがあることを見出すだろう。

何故なら苦痛の受容には快楽よりもはるかに
深い所へあなたを導くという純然たる理由があるからだ。

個人の自我はその本姓からして絶えず快楽を求め、
苦痛を避けている。

このパターンの終焉が自我の終焉なのだ。


アイ・アム・ザット 私は在る
 
(ナチュラル・スピリット刊)より抜粋

このマハラジの言葉は、何年も前から、この聖者たちのメッセージを通してお伝えしてきたことと重複しますが、短いながらも素晴しい内容なので、あらためて解説させて頂きます。

この言葉にはクリシュナ・ムルティ、カルキ・バガヴァンはじめ多くの覚者たちが薦める「観る」ということの真髄、そしてタパス、苦行と通常訳されますが、タパスの真の意味が語られています。

通常、人は苦痛を感じたり体験した時に、酒におぼれたり、ドラッグに走ったり、他者に責任転嫁したり、自己暗示をかけたり、 友人と話をして紛らわしたり、様々な行為で苦痛を回避しようとします。

決して苦痛を真正面から味わうことはしません。

しかし、もし人がその苦痛を真正面から「観る」ことができれば、それは大いなる喜びに変換できる、とマハラジは言っている訳です。

技法としては、とても簡単で、その苦痛に注意を向ける、或はそこに意識を向け徹底的に味わう、ということです。

肉体的苦痛は言うまでもなく肉体のある箇所の苦痛ですが、実は精神的苦痛も肉体的なセンセーションなのです。

肉体と精神はリンクしているということですね。

例えば、心の中で、恐怖や不安、怒り、嫉妬、憂鬱など何かしらの苦痛を感じた時、体のどこかでセンセーションが起こっているはずです。

そこに、注意を集中してみるのです。

例えば、恐怖を感じている時には、胸のあたりでセンセーションが起こっていると思います。

そのセンセーションに注意を向けてみるのです。

その感覚は最初は大変不快で苦痛を伴うものですが、徐々にその感覚に慣れてくると思います。

苦痛が軽減してくるのが分るでしょう。

何分かかるか、何時間かかるか、或は何日間かかるか分りませんが、いづれその苦痛が消え、至福或は愛に変わるのを体験するはずです。

ここで大切なことはそのセンセーションに対する徹底的な集中です。

そして、「気づき」(純粋意識)の高まりに気づくでしょう。

何故なら、そのセンセーションに気づいた瞬間、気づきの意識、つまり純粋な意識が生まれるからです。

気づきの主体が客体或は対象であるセンセーションと同時に、主体それ自体に注意が向き始めるのです。

そして、注意を集中し続けるなら、やがて、見られる対象であるところの感情より、見ている主体の方に注意、或は意識、或はエネルギーのシフトが起こってきます。

それが、主体である「観る者」と客体である「観られるもの」、そして「観ること」の三位が一体となって合一した純粋意識(純粋な気づき)の状態です。

見る者が見る者それ自身に気づいている状態です。

その苦痛を見る、味わうことを通して、アグニと呼ばれる火のエネルギーが起こり、恐怖のエネルギーが、恐怖を味わっている、或は観ている主体(観照者)の方にシフトし流れ込んでくるのです。

これが、タパス、苦行と呼ばれることの真の意味であり、それが純粋意識の質である愛、或は至福のエネルギーに変換させるのです。

それが努力無く出来るようになるためには、ディクシャや上江洲先生のヒーリングを受けたり座って明想することも大切です。

しかし、それ以上に大切なのは、日頃から、日常生活において、朝起きた瞬間からアジナー・チャクラ(脳の中心)かサハスラーラ・チャクラ(頭頂)、或はアナハタ・チャクラ(胸の中心)に注意を向けていることです。

そうすると自然に、思考、想念、様々な感情、感覚に気づく様になります。

気づくようになれば、それらに巻き込まれ(捉われ)なくなるのです。

何故なら、気づいているということは、捉われていない、或は巻き込まれていない、ということなのです。

(悟りの状態に至るまでは、もちろん100パーセント捉われていない、ということではありません。捉われ度は、気づき、純粋意識の深さ、レベルによります。)

例えば、目の前に突然、車が飛び込んできたとします。気づいていなければ事故に巻き込まれてしまうでしょう。

でも、気づいていれば、避けることが出来、事故に巻き込まれずに済みます。たとえ、巻き込まれたとしても軽くて済むでしょう。

朝起きた瞬間から、脳のセンター或は頭頂、胸のセンターに注意を向けつつ、世界に対するマインドの反応を見るようにします。

例えば、眠気を感じていれば、それに気づく、爽やかだなーと感じれば、それに気づく、また、心のおしゃべりにも気づく、寒いな〜、学校に或は会社に行きたくないな〜、とおしゃべりしていたら、それにも気づき、常に心のおしゃべりを一言も逃さないくらいに気づくようにします。

また、例えば誰かの言葉にムカついたとします。

その時は、相手に注意を向けるのではなく、なにふざけたことを言っているんだと、ムカつきの原因を相手のせいにしている自己の思考とムカつきの感情の方に注意を向けます。

その時に沸き起こってくる怒りの感情や、相手を責めようとする自己の想念・思考、更にその背後のエゴに注意を向ける、或は気づくわけです。

このように1日中注意を内側に向け、思考、想念、様々な感情、感覚に気付くようになれば、それらに巻き込まれ(捉われ)なくなるのです。

そして不快な、否定的な感情も逃げることなく、味わえるようになります。

感情を味わえれば、「気付き(純粋意識)」のパワーによって感情は焼かれ、純粋になり、どんな感情も至福に変わってゆきます。

やがて、思考は河の流れを川岸から見るように、或は映画の字幕を見るかのごとく、心の中を来ては去ってゆくのに気付くようになります。

思考やその思考によって生み出される不安や恐れ、嫉妬、怒りなどの感情に振り回されることが段々無くなって来ます。

そのようにしていると、思考の精妙なレベルへの「気づき」が段々高まってきます。

そうすると、怒りなどの感情は、芽の段階で摘み取れるようになります。

慣れてくると、思考の源(アジナーチャクラ)に意識が固定されてくるので、思考、想念は減少し、最終的には不必要な思考は完全に消え、永遠に苦しみから解放されます。

この状態において、睡眠時の夢はもちろん、はじめてノンレム睡眠と言われる熟睡状態にも気づくことが出来るようになります。

これが、悟りと呼ばれる状態の最初の段階、カルキ・バガヴァンが言うところの内なるワンネス、或はマハリシ・マヘッシ・ヨーギーが呼んだ宇宙意識、インドではサクシーヴァーバ(観照意識)と呼ばれる状態です。

音(思考、想念)が微かになれば心の静寂が増す

ところで、雑念に気づくことが出来る、ということは、実は気づきの対象、つまり雑念や感情を制御できるようになるのです。

(気づき=純粋意識が高まってくると、どのような感情を作り出すことも、思考を止めることも可能になります。)

心のおしゃべりである想念に気づいていることが出来るなら、更に浄化力があり気づき(純粋意識)を高める想念、マントラに気づくようにするわけです。

ですから、注意が思考の源に至らず、雑念(思考、想念)が浮んできている段階では、そのような雑念に代え、マントラを超微かに日頃から意識することをお薦めします。

つまり、座って明想することと同様のことを日常生活においてもする、ということです。

マントラとしては、意味のない音、オームを始め色々ありますが、意味があるのもあります。
実際に試してみると分りますが、それぞれ違った感覚になります。

基本的には、神々と繋がったり、神々の守護や力を引っ張ってくる他力本願的なものが多いようです。

上江洲先生が薦めているのが、この宇宙、現象世界の創造音と言われる「オーム」、そして「我すでに神なり」(サンスクリット語ではソーハムです。これもとてもよいです。)、「我は愛なり」と言う言葉です。

最近話題のハワイの秘法、ホ・オポノポノの「ありがとう、ごめんなさい、許して下さい、愛してます、」でもいいし、
ありがとうおじさんで有名になった「ありがとうございます」
でもいいと思います。

或は「南無阿弥陀仏」でも「オーム・ナマー・シヴァヤー」でも「世界人類が平和でありますように」「私はある」など

自分がしっくりくる言葉を選べばいいと思います。

「私がある」という感覚に注意をむける、とは?

この場合、大切なのは、マントラを言葉、或は音にならないくらい精妙に思う、或は意識するということです。

そうすると、もう言葉というより感覚という感じになります。

試しに「ありがとうございます」を超精妙に繰り返し思ってみると分ります。
感謝心が自然に沸いてくるかと思います。

普通のボリューム、或は心の中で大きな音で唱えれば、他力本願的な神々の助けは入るかもしれませんが、悟りには時間が掛かるのではないかと思います。

微かに想うことで、自力本願的なものがプラスされ、つまり気づき(純粋意識)が高まり悟りが速まるわけです。

例えば、ニサルガダッタ・マハラジは、グルから「私がある」という感覚に注意をむけなさい、と薦められ実践したそうです。

そしてわずか3年で悟りを開いてしまったと、
本には書かれています。

「私がある」という言葉を超精妙にし、それを意識し続けていると言葉を超えて、「私がある」という感覚になります。

その時には、主体(真我、アートマ)が完全に意識され、無思考状態になります。
これが、いわゆる神秘家たちが使う「自覚」の真意です。

これを、24時間続ければ、アートマとの完全合一、最初の悟りです。

もちろん、私がある、という感覚は、最初から言葉なしにも意識できます。

要するに、心の最も深いレベルで何を意識するかなのです。

2009年2月4日(続く)
トップページに戻る

聖者たちのメッセージ15
カルキ・バガヴァンの教え3
「マインドの超越
by 渡辺秀幸

カルキ・バガヴァンが、私たちに今伝えようとしていることは、

苦しみから如何に、永遠に解放されるかと言うことです。

それは決して、否定的なマインド(思考)を

積極的思考や創造的な思考など

肯定的なマインド(思考)に置き換えて、

平安を得る、というものでは、ありません。

例えば、プロのスポーツ選手を目指していた人が、

ケガをしてしまって、選手生命を絶たれたとしましょう。

当然、悟りを開いていない人間は、絶望し、どん底に落とされ、
もがき苦しむでしょう。

その時に、その人を、苦しみから脱出させるために、

「君、そんなに嘆き悲しむなよ、

今回の件は、君が、コーチを目指すいいチャンスを与えられたんだ。

君なら指導者としてきっと成功する。

そういうふうに、物事を肯定的に捉えなきゃ。

そうすれば、これまでのように未来は明るく希望に燃え、

成功した自分を夢見て、またワクワクして

生きられるじゃないか」と。

このようなアドヴァイスは、昔から多くの人が実践していることですが、

普通の人々には、それなりに有効で、役に立つと思います。

一時的に、平安を得られるでしょう。

しかし、このような形で、延々と、嘆き悲しみ、

苦しんでいるという現実、

このありのままの状態を無意識下に押し込め、

逃避を繰り返す人生が続きます。

全財産を損失して、苦しんでいる人は、また大金を手にすれば、

苦しみから、脱出できるでしょう。

しかし、また同様な状況に陥れば、その人は苦しむのです。

肯定的な思考(マインド)で、ハッピーに浸っている人は、

否定的な思考(マインド)がやってくれば、又すぐに苦しむでしょう。

肯定的な思考も、否定的な思考もコインの裏表の違いで、

同じコイン(マインド)に過ぎません。

しかし、カルキ・バガヴァンがディクシャとセットで、

私たちを教え導こうとしていることは、

マインド(思考、感情、エゴ他)の超越なのです。

「OK、嘆き悲しんでください、でも、

その嘆き悲しんでいる思考や感情やエゴを

見つめてください。それに気づいてください。それを味わってください。

そうすれば、その苦しみに巻き込まれなくなるでしょう。

その苦しみ、感情は、慈悲に勇気に、愛に至福に変わるでしょう。

でも、自分のマインドに気づくために、

その前にディクシャを受けてくださいね(笑)。」

以下バガヴァンの教えです。

▼質問者▲

完全なものなどないとよく言われますが、このことはこの大宇宙の創造においても同じなのでしょうか?

▽バガヴァン△

それはものごとをどう見るかによります。

「コップの半分に水が入っている」とも言えますし、
「コップの半分が空っぽだ」とも言えます。

同じように「完全なものなどない」とも言えますし
「すべてが完全だ」とも言えます。

ですから、ムクティー・ヤグニャ(悟りのコース)を通して
あなたが「見るとは何か」が分かったとき、
あなたにとってすべてが完全になるでしょう。

完全さも不完全さも、ただあなたの考えの中にあるだけです。

考えがあなたの人生を支配している限り、
相反するものが存在し続けます。

完全さ・不完全さ、善・悪、正・邪などです。

なぜなら「考え」そのものが本質として分離的なのです。

考えの構造自体が比較するというものです。

比較がなければ考えというものは決して存在できません。

マインドは考えを手放すことはできません。

考えは単に記憶であり、
もしあなたが記憶の本質を学べば、
記憶が単なる想い出や連想でなく、
比較をも伴ったものだとわかるでしょう。

いつも相反するものを前提としているのです。

考えの中には、常に相反するものが存在する、
ということが問題なのです。

考えを超越したときに始めて、
人はすべてのものをありのままに体験できるようになります。

これがこのムクティー・ヤグニャ(悟りのコース)の意図するものです。

その深みに入って行くにつれ、
多くの人がその意識状態を得ていくことになるでしょう。

そうなれば必要なときに考えを使うだけです。

それ以外に考えはありません。

考えが必要でないとき、そこには分離はありませんし、
そうなれば葛藤も生じません。

ただ直接認識があるのみです。

この状態では、どんなものも、そのままで素晴らしいのです。


▼質問者▲

あなたがおっしゃるように、あなたの創造の中では、

善悪というものがないことはわかりました。

それでは、私の内側にそうした二極分離傾向が
あるのはどうしてでしょうか?

なぜ私は絶えず物事を「正しい」「間違っている」
と分析するのでしょうか?

▽バガヴァン△

例えば、ある原住民族がいます。

彼らは、ここ(サティヤローカのこと。
以前多くのコースが開かれていた場所)
から十五キロ離れた場所に住んでいます。

彼らは衣類を着ませんし、食べるのも生野菜と果物だけです。

この原住民族には、正悪という概念はまったくありません。

しかも彼らはとても幸せな人たちです。

しかし不幸にも、人類は様々な文明を築き上げました。

その文明こそが、私たち人間に対して
「これが良いこと、あれが悪いこと」だと信じ
込ませているのです。

それがために人間の内側にも区別や分離の質が生じました。

従って、全文化、全文明が変わらない限り、
あなたはこの「正しい」「間違っている」
という構造から自由になることはできませ
ん。

これこそが今始まろうとしていることです。

黄金時代が始まったとき、正悪の概念は消失します。

何が起ころうと完璧です。

世界は完璧です。

この世界に何も悪いところはありません。

間違っているのはあなたの考え方です。

すべてはそのままで完璧です。

生も死も、健康も病気も、

富も貧乏も……すべてが完璧です。

問題はどこにあるのでしょう。

問題はあなたのマインドにあります。

「あれは起こるべきではない、これは起こるべきではない」
といっている私たちです。

世界はそういったものではないのです。

悟った人は人生とともに流れているだけです。

家族の誰かが死んだとします。

それでも彼は言うでしょう。

「それも完璧だ」と。

突然全財産を失ったとします。

「完璧だ」と言うでしょう。

大儲けしたとします。

そのときも「完璧だ」と言うでしょう。

あなたがものごとを完全に体験できるようになれば、
そこにあるのは喜びだけです。

何を体験しているのか、
どんな体験をしているのかは重要ではありません。

これがこの運動でお伝えしているポイントの一つです。

内容・対象は重要ではありません。

それを完全に体験できますか?

例えば、アリに咬まれたとします。

もしあなたがそれを完全に体験できれば、喜びです。

誰かがあなたを侮辱したとします。

あなたを傷つけたとします。

それを完全に体験できれば、アーナンダ(至福)、喜びです。

肉体的に、心理的に、感情的に何が起こっているのかは
一切大切ではありません。

実際人間は、何であろうと物事を完全に
体験する能力を失いかけています。

アイスクリームを食べているとします。

完全にそれを体験していません。

次のことを考えています。

明日の約束のことを考えています。

妻や友人が何を言うだろうかと考えています。

こういった考えが四六時中、心の中で巡っています。

今食べている食べ物を体験していません。

味わっていません。

歩いているのを味わっていません。

二つの足で歩くということは途方もない体験です。

しかしそれを味わっていません。

あなたは何も味わっていません。

すなわち、あなたにとって何も存在していないのです。

四六時中、あなたは逃げ回っています。

テレビを見て、本や新聞や雑誌を読んで、
友達と喋って……、逃げ回っているのです。

あなたは決してあなた自身と一緒にいません。

なぜならどんなことも内側で起こって
いるからです。

あなたはそれを内側では体験していません。

味わっていません。

もしあなたが内側で起こっていることを体験していれば、
人生は100%完璧です。

人生はとてつもない喜びです。

例えば、この運動に賛同しているある一組の夫婦がいます。

結婚して二十年以上になります。

ご主人は高名な医師です。
奥さんは野菜売り
(訳注…インドでは普通、貧しい人たち
がする仕事)です。

今でも野菜売りをしています。

彼らは私が今まで会った中でベストカップルです。

彼女は高名な医師と結婚したからといって、
着るものを変えることも、
香水をつけることもしませんでした。

自分の言葉遣いも変えませんでした。

そして野菜売りを続けました。

ご主人も優秀な外科医として活躍し続けました。

ご主人は彼女を体験しています。

彼女の下品な言葉を、
不快な言葉遣いをそのまま完全に味わっています。

そして彼には喜びがあります。

彼女も彼を体験しています。

そして喜びがあります。

反対に、皆さんは妻や夫を体験していません。

あなたはジャッジし始めます。
「やだやだ、酒飲みなんて!」とか

「彼はこんなひどい人間だ、あんなひどい人間だ……」と。

しかし同じ酒飲みでもあなたが映画の中で見ればエンジョイできます。

どうしてそれが妻や夫だとエンジョイできないのでしょうか?

どうしてそこに別々の価値基準が出てくるのでしょうか?

いずれにしろ自分勝手な理由で、人が作った価値基準です。

何が起ころうとそれが真実です。

そこにあるものがすべてです。

その真実は変えられません。

体験するしかないのです。

しかし、教育や社会、あなたを育ててくれた
両親が体験させてくれないのです。

あなたが人生を体験するのを阻んでいるのです。

香辛料を食べたとします。

それを完全に体験できれば、アーナンダ〈至福〉です。

悟った人とは、それをしている人たちです。

悟った人たちは、概念も価値基準も道徳観念もありまぜん。

そういったものを持っていないのです。

瞬間々で、何が起こってもそれをエンジョイしています。

何が起こってもそれを体験しています。

もしあなたが、何であろうとそれを完全に体験すれば、喜びだけです。

幸せだけです。

そして、幸せな人は他の人に害を与えることはありません。

もしあなたが人を困らせているとしたら、
それはあなたが不幸せな状態にあるからです。

幸せな人は人を苦しめることはありません。

ものは試しです。やってみて下さい。

誰かに頼み事をするとき、その人が幸せかどうかをチェックして下さい。

そして、幸せそうだったら頼み事をしてみて下さい。

もし彼が幸せな状態だったら、
きっと願い事を聞いてくれるでしょうし、
そうでなければ、きっと断られるでしょう。

悟った人たち、聖人や賢者は、創造のあらゆるものを体験しています。

空を見れば、空を完全に体験します。

何を体験しているのかは大切ではありません。
何が大切なのか?

対象が何であれ、もしあなたが体験していれば、
そこにあるのは喜びです。

喜びは人生のエッセンスです。

喜びと幸せだけしかなければ、この世界に何も問題はありません。

夫があなたを苦しめます。
あなたはそれを体験できます。

夫が小言を言ったり、不満をぶつけたりします。

もしあなたがそれを体験できれば、喜びになるでしょう。

あなたの喜びは彼の心を動かし、
あなたを苦しませるようなことはもうできなくなるでしょう。

あなたは妻や夫の小言でさえ、エンジョイできるようになります。

だからこそ私はこう言うのです。

妻は夫を悟らせられます。

夫は妻を悟らせられます。

あなた方はグル〈精神的導師)を必要としません。
(拍手!)

Oneness on the earth vol.1 (有)カルキ・センタージャパン発行より抜粋

トップページに戻る

聖者たちのメッセージ14
何万回の輪廻をもたらす
人生の束縛者、ヴァサナとは?

By 渡辺秀幸

今回はバガヴァン始め、覚者方が言及する、
何百万回の輪廻をもたらす、人生の束縛者、自由の強奪者ヴァサナについて。

ヴァサナは私たちの人生を無意識下からコントロールしている、
と言われています。

ヴァサナは過去から持ち越した性分、性癖、
思い癖、悪習、良習など
個々人のパーソナリティを形成している要素で、
残存印象とも言われていますが、
現代用語に直せば、ストレスという概念が近いかと思います。

これは 過去生から持ち越したものだけでなく、
今生でもヴァサナは常に作られています。

例えば、私達がとても甘いものを食べてとします。
その後すぐに、そこそこ甘いものを食べても、それほど甘く感じない、
ということはよくあります。

それは、最初に食べたとても甘いものが、
味覚を通して残存印象という形でマインドに停滞してしまうからです。

これがヴァサナ。
心理状態だけでなく、生理状態も関係しています。

神経系統の化学的、構造的異常、
このことが神経系統に備わる人間本来の
無限の潜在能力の発揮を妨げている、
と言われています。
(感情体、メンタル体などの霊的ボディも
関係していますが、ここでは省略)

前の食べ物の残存印象によって、今食べている物が楽しめない、
つまり過去が現在に影を落としている状態。

引きずるのは、怒りや不安、恐怖などの
感情だけでないことが分るかと思います。

多くの人たちが常に過去を引きずり過去に生きている、
或は欲望を未来に投影して、
過去と未来を行ったり来たり、今を生きていない、
と言われるのは、このような訳です。

そしてその甘いものが美味しいと感じれば、また食べたい、
という欲望と行動(カルマ)がおこります。

ですから、ヴァサナはカルマの種子、
或は潜在化したカルマとも言われます。

このようにして死と再生という果てしなき輪廻の輪という
クビキが悟りを開くまで延々と続いていくわけです。

ヴァサナがフィルムで、プルシャ(真我)からの光である意識という
スクリーンに投影されたホログラフィック映像が
この現象世界、と言えるかと思います。

通常人々は、経験の印象が樹に刻まれたような状態。
なかなか消えません。

ところが瞑想などをしてゆくことで、
その残存印象が砂に書いた様な状態、
少し風が吹けば消えてしまいます。

それが、悟りが近づくに従い、水に書いたようになります。
経験の印象はすぐに消えてしまいます。

完全に悟りを開いた人たちは、
空気に書いたようになります。

書いたと同時に消えています。
全く跡形も無く。

過去を引きずらないから、
瞬間瞬間を新鮮に体験できる、と。

これが悟りを開いた人たちの状態です。

さて、ではこの残存印象を速やかに消して行くものは何でしょうか?

これはもちろん究極的には意識、純粋意識、気づきの意識、
つまり見る者と、見られるもの、見るプロセスの合一した状態。

ただ、純粋意識がないと、
ヴァサナは解消しないのかというと、
決してそうではありません。

例えば、睡眠状態、この時はほとんどの方が無意識状態ですが、
ヴァサナを解消するのに寄与しています。

熟睡中は、ほとんど無意識状態ですが、
この時はヴァサナを超越している状態。

夢見はヴァサナが解消している結果出てきているものといえます。
瞑想中の雑念と一緒です。

例えば、会社で上司に怒られ、ストレスがたまっている状態でも、
一晩ぐっすり眠れば、朝スッキリした状態を体験します。
疲労だけでなく、ヴァサナをかなり解消しています。

悟りが近づいてくるにしたがい、熟睡中でも20パーセントの無意識、
10パーセントの無意識と、徐々に無意識は消えてゆきます。

悟りを開くと完全に熟睡中であっても、無意識はなくなります。

生理学的には体の休息した状態、
つまり代謝活動が低下した状態がヴァサナ、ストレスを解消します。

脳波で言えば、アルファ波、シータ波、デルタ波です。

この体が休息した状態の時に、ヴァサナ、
ストレスを解消するというメカニズムは、
物理学を学んだ方はご存知かと思いますが、
熱力学の第3法則と同様のメカニズムです。(ここでは、詳細省略)

悟りを開いた人たち、ジーヴァン・ムクタと呼ばれる人たちは、
24時間完全休息の状態にいる人たちです。
体が酸素を必要としていないので、
呼吸はしているかしていないか、
覚醒時でも脳波はシータ波、デルタ波のはず。

それではディクシャは、
このヴァサナに対して何をしているのか?
ディクシャ直後は、とても深い休息がもたらされます。
ですから、そのまま深い瞑想状態に入ってしまう人たちもいます。

しかし、単に、休息状態がヴァサナを解消するというのでは、
瞑想や睡眠と変わらないわけで、
ごっそり解消できるのは、アンマ・バガヴァンの高次元意識エナジー、
恩寵の御蔭。

それだけでなく日常生活で、
ヴァサナが蓄積しない脳の状態、生理状態、心理状態に変えている、
つまり悟りの状態に変えていっているわけです。

ディクシャを受けた多くの方がこだわり、捉われがなくなった、
集中力が増した、等というのは、そのためです。

もちろんそれだけでなく、安らぎ、静寂、至福感、愛の感情など、
多くの肯定性がもたらされるのは言うまでもありません。

更にマインドを「見る」を24時間実践するならば、
猛スピードで悟りに至れるでしょう!
2008年2月18日(続く)
トップページに戻る

聖者たちのメッセージ13

「人を解放する」カルキ・バガヴァンの教え
By 渡辺秀幸

苦しみは何故、人生に必ず付いてまわるのでしょうか?

恐れや不安、
嫉妬、怒りなどを作り出す
思考(想念・考え)が原因でしょうか?

例えば、将来、ガンになって苦しんで死ぬのでは、と考え、
恐れ、或は不安になる。

成功している或は、物質的に恵まれていると思われる
他者と自己を比較する考えが現れると嫉妬が現れる。

自己のプライドを逆撫でするような
言動をした人のことを考えると怒りが沸いて来る、等。

それともその思考に対する「気づき」がないからでしょうか?

おそらく、思考に対する「気づき」がないために、
思考に巻き込まれ(捉われ)
更にその思考が生み出す不安や恐怖、嫉妬、
怒りなどの感情に巻き込まれるからではないでしょうか。

思考に気づけば(想念を見れば)、思考に巻き込まれ、
振り回されることはなくなります。

思考より低位の感情にも気づくようになるでしょう。

すると、あらゆる感情は、至福や愛や慈悲に変わります。
気付きのパワーによって、感情は焼かれ、
純粋なエネルギーに変換するからです。

ディクシャによって、「気づき」は飛躍的に高まります。

一度獲得した「気付き(純粋意識)」は永遠に失われることはありません。

死後も、或は再生後も続いてゆきます。
ですから、今生で「気付き(純粋意識)」を高めることで、
永遠に苦しみから解放されます。

以下は、カルキバガヴァンの教えです。

□質問
もし私が自分の嫉妬に気付けば、嫉妬は消え去るのでしょうか?

■バガヴァン
はい、そうです。
気付きがあるとき、このエネルギーは嫉妬を破壊します。
なぜなら、気付きによって、
嫉妬が利益をもたらさないことがわかるからです。

実際、嫉妬は皆さんをきつく締め付けています。
皆さんのエネルギーを浪費しています。

皆さんは、有能なビジネスマンですから、
自分に有利ではないとわかれば、
相手にとって不利になるようなことをするでしょう。

皆さんが嫉妬に気付けば、それがいかに人間関係を壊し、
エネルギーレベルを損ねているかが、とてもはっきりわかります。

皆さんにとって、何も都合のいいことはないのです。

それを見れば(それがわかれば)、皆さんは自由です。

ですから、私がいつも話しているように、
そこには時間も必要なければ、
努力も必要なければ、エネルギーも必要ないのです。

私がいつも取り上げる話しとして、ロープを蛇と間違える例えがあります。
最初、皆さんは恐怖におののいています。

そこへ突然誰かが明かりを持ってきます。
明かりに照らされて、それがロープであって、
蛇ではないことがわかります。

この明かりが気づきなのです。
気付きがあるとき、「何だ、ただのロープだ。」とわかります。
その瞬間、恐怖は消え去ります。
時間もかからなければ、エネルギーも使わなければ、努力もいりません。

同様に、怒りや嫉妬があるとき、
気付きは懐中電灯のようです。
懐中電灯をつければ、正確にそれが一体何なのか、
その原因は何なのかがわかります。

そして、それがストーリーを話し始めます。
そしてその嫉妬に関して、完全な真実がわかるでしょう。

いったんその真実がわかれば、
嫉妬がいかに自分を破壊しているかがわかり、
たちまち嫉妬は消えてしまいます。
なぜならマインドは、役立たないことは何もしないからです。

それが、私が皆さんに、
時間もエネルギーも努力も必要ないといっている理由です。

必要なのは気付きです。
この気付きは、ちょっと練習すれば得られます。

それは、ちょうど自転車や自動車の運転を習ったり、
音楽を習ったりするのと同じです。

特別なサダナ(訳注:修行法)が必要なわけではありません。

それは、学校で教えられるようなことですし、
もし、皆さんが自分の子供に教えれば
あっという間に覚えてしまうようなものです。

残念なことに、私たちの社会ではこのことを教えませんし、
これがわかったときには、かなり年をとっていて遅すぎるのです。

それはちょうど、ある種の技能は、年をとってからではなく、
若いときに学ばなければいけないことと同じです。
ですから、これは特殊技能のようなものです。

技能が身に付けば、少しずつですが、
とても自然にしかも簡単に身に付いていきます。
でももし、皆さんがこのことをまだ学んでいなくて、しかも遅すぎたとしても、

私は皆さんを助ける用意があります。

Oneness on the earth vol.2 (有)カルキ・センタージャパン発行より抜粋

2008年2月18日(続く)
トップページに戻る

聖者たちのメッセージ12

マハリシ・マヘーシュ・ヨーギーの師、
グル・デヴの言葉
「ダイヤモンドをほうれん草一束の値段で売るな!?」

By 渡辺秀幸

皆様、あけましておめでとうございます。

私が長年しているTM瞑想(超越瞑想)やアーユル・ヴェーダを
世界中に普及させたマハリシ・マヘーシュ・ヨーギーの師、
グル・デヴのとても印象に残っている
言葉を新年に。

上江州義秀先生も同様のことを
いつも仰っていますね。

本年も宜しくお願いします!

「人間の肉体を得るのは稀なことです。
十分に生かさなくてはなりません。

一つの魂は四百万種類の生命に宿ることができ、
その後人間となる機会を、人間の肉体を得る機会を得ます。

ですから人はこの機会を無駄にすべきではありません。

人生の一瞬一瞬はこの上なく貴いものです。
もし軽んずるなら最後に何も残らず泣くことになるでしょう。

人間であるからこそ、神は人に考える能力を、
善悪を判断する能力を与えました。

これゆえに人は最も望ましい行いをすることが出来るのです。
決して自分を弱い者、生まれつき不出来な者と考えるべきではありません。

これまで色々あったのは、おそらく何も知らなかったためでしょう。
しかし、これからは気をつけましょう。

人間の肉体を授かりながら、神に到達しなければ、
それはほうれん草一束ほどの値段でダイヤモンドを売ったも同然です。」
                   
              シュリ・スワミ・ブラフマナンダ・サラスワティ
              (通称グルデヴ、北の二代前のシャンカラチャリア)

2008年1月7日(続く)
トップページに戻る
聖者たちのメッセージ11


「人を解放する」
カルキ・バガヴァンの教え1
By 渡辺秀幸

久々の更新です。

今日12月25日は、イエス・キリストの誕生日ですが・・・、

救い主と呼ばれるキリストの教えは、
本来「人を解放に導くもの」だったはず。

ところが、現在のキリスト教の教えは、
教義や戒律で人に罪の意識を作り出し、
恐怖の種を意識に植え付け、
多くの人々を縛っているのではないでしょうか。

こういうことをしたら地獄に落ちるとか、
こうすべきだとか、こう在るべきだとかの
観念、概念、枠を作り出し、
それが、宗教宗派、
人種や、男と女など、様々な分離を
世界に作り出し、この世界の闘争、
混乱の原因を作り出しているのではないでしょうか。

これは、キリスト教だけでなく、多くの宗教宗派が同じように、
人々を教義戒律の名の下に、生来我々人間が祝うべき生を、
享受すべき自由を奪っている。

聖職者や権力者たちによって、
権力維持のためにキリストの教えが彼らの都合の
いい様に、捻じ曲げられてきた結果ではないでしょうか。

(もちろん、人類の集合意識の結果でもありますが.)

ディクシャではカルキ・バガヴァンの高次元意識エナジーを
我々インストラクターを経由して、多くの方々に流しています。

そして、その結果、多くの方が肉体、
そしてマインドからの自由、解放を体験しています。

カルキ・バガヴァンの教えも、人々を解放に導くものです。

どの教えも素晴しいのですが、今日は特にその中でも私が素晴しい
と思った教えを紹介しましょう。

(私のメーリングリストの方々にも紹介しましたところ、
何人かの方から、教えの深遠さに感激した
メールや反応を頂きました。)

□質問

人間関係を扱うことについて、
あるいは、人に対して安心のより所を置くことについて、
悟っていない人は、
どのように立ち向かって
いかなくてはならないのでしょうか?

人間関係の中でうまく安心感を保つのに
どのようにしたらいいのでしょうか?

■バカヴァン

皆さんが知っているように、私たちには二種類のやり方があります。

ひとつは悟った人のためのもの、
もうひとつは悟っていない人のためのものです。

悟った人には、教えは必要ありません。
なぜなら意識状態が自動的に彼を導きます。

悟っていない人には、私たちは
「自分自身でいて下さい」
「どんな自分であろうと、そのままでいて下さい。」
と言っています。

例えば嫉妬についてです。
私は何度も何度もこのことを繰り返しお話ししています。
なぜならこれは最もよくある一般的なことだからです。

今もし、皆さんが悟っていないなら、「自分」があります。
「自分」があれば、比較が始まります。
なぜなら、比較することは「自分」が生き残る手段からです。

そして比較のあるところ、嫉妬が始まります。

さて、問題が始まるのは、
「嫉妬してはいけない。」と皆さんが思ったときです。

つまり、皆さんは「嫉妬のない状態にならなければならい。」などと、
いつも目の前に目標や理想を掲げます。

これこそが問題の始まりなのです。

嫉妬から嫉妬のない状態へは移ることはできません。

嫉妬の何が問題でしょうか。
自分があれば、嫉妬があって当然です。

これが唯一の真実です。

今、皆さんが嫉妬から逃れようとせず、嫉妬を非難せず、
自然にあるものだと受け入れるなら、
不思議なことが始まります。

つまり、闘いが終わるとき、喜びが始まるのです。
ですがその喜びは、悟った人の喜びとは違うものです。
まったく違う喜びです。

この二つを比較しないで下さい。
ここで言う喜びとは、悟った人の喜びとは異なる種類の喜びです。

ですが、悟りまで行かなかったとしても、
ある程度心の開花があり、
人生はとても素晴らしいものになります。

つまり、単に自分自身のままでいる状態です。
ここでは、深淵で偉大で根本的なものを
意味して話しているわけではありません。

「自分のままでいて下さい」
と私たちは言っていますが、
そのような深淵な意味はありません。

つまり単に、そのままの自分を受け入れると言うことです。

そうです。
皆さんは怒りがあることが自然なのです。

嫉妬があって自然なのです。

暴力的であって自然なのです。

それが生(なま)の自分なのです。

皆さんはそれを変えられません。

それがハプニングとなって皆さんに生じなければなりません。

変わろうとするどんな努力も、問題を作るばかりです。

それは問題を複雑にし、さまざまなトラブルの原因になります。

皆さんはそこで真実を見落とします。

ですから、変わろうとするのではなく、
むしろ嫉妬や心配、恐れを抱きしめ、恋してみて下さい。

そうしたら何が起こるかを見て下さい。
やってみて下さい。

何がどうやって起こるかなど考えずに、
とにかくやってみて、見てみて下さい。

何か驚くべきことが起こるでしょう。

それは悟りにまでは導かないかもしれませんが、
それでも確実に、皆さんをとても素晴らしい状態へと導きます。

ですから同じように、皆さんは、
自分が安心感を必要としているという
事実も受け止めなければなりません。

皆さんは、父母、兄弟、妻、夫、恋人、
自分の知識や富や権力などから
安心感を得なければなりません。

どんなものからでも構いません。
ここで私たちが、この手法の中で提案したい大切なことは、

皆さんが安心感を得ていく中で、
安心のより所をうまく配分すべきだということです。

ひとつのバスケットに卵を全部入れてはいけません。

父や母、恋人、誰でも構いません。
あるいは学歴でも美貌でも、何でも構いません。

安心のより所をいくつかに配分すべきなのです。

これは安心感というものに対しての上手な取り組み方です。

もし皆さんが悟っていないのなら、安心感が必要なのです。

皆さんは、隙だらけになるべきではないのです。

逆に、自己を無くした人は自ずと隙だらけです。

なぜなら、その人にとって保護するもの、
守るものは何もないからです。

つまり自己・自分がないからです。

逆に、もし皆さんにまだ自己があるなら、
抜け目なく、現実的に自分自身を守らなければなりません。

自分の安心のより所を創り出さなければなりません。

そして、そのベストな方法は、安心のより所を配分することです。

卵をいくつかのバスケットに配分します。

これが皆さんのすべきことです。

そしてもし、そこに関わっている相手が、
あまりに移り気な人なら、少し注意すべきです。

もし彼が浮気心を見せ始めたら、
皆さんの側でこの人間関係を終わらせる
覚悟をしなければなりません。

そして他の誰かに乗り換え、しがみつくべきです。
これをうまく実践すべきなのです。

ですから悟っていない人、悩んでいる人がやって来たとき、
私たちの対応はまったく違うのです。

そういった人たちに、ここでプロセスを受けて下さいとは言いません。

私たちはただ会話をし、安心のより所を再配分するだけです。

そうすればその人はとても幸せになって帰っていきます。

これは二つのレベルで働きます。

若者に話す場合、自己が解放されること、隙だらけになること、
愛を発見することなど、そういった内容には言及しません。
そんな話しはしません。

私が話すのは、シンプルな愛の発見です。
つまり、恋することを話し、私たちはそのお手伝いをします。

もう一方で悟りたいと思っている人たちには、彼らの愛を高めていきます。

これら二つは別々のものです。
愛と言っても異なるものです(訳注:愛と恋)。

ですから、皆さん(訳注:青少年向けコース参加者を指す)の場合、
私の祝福は、皆さんが恋するのを助けます。

今日、人々は恋することさえ難しそうに見えます。

だからこそ、私たちはそれを助けているのです。
なぜなら、それは皆さんが必要としているものだからです。

そしてもし、皆さんが本当に恋に落ちるなら、
本当に嫉妬するなら、本当に欲深くなるなら、どうなるでしょうか。

私からはっきりお伝えしましょう。

そういった人こそ、遅かれ早かれ悟りに至ります。

逆にもし皆さんが、
「いえいえ、私は嫉妬はしません」

「自己中にはなりません」

「私はとても素晴らしい人間です」
などと、ゲームを続けていく限り、
つまり、
悟っていないのに悟った人のように振る舞っている限り、
哀れな人間です。

あらゆる生き地獄を味わい、惨めな人生になるでしょう。

それとは逆に、
「私は、悟りを得ていません。これが私の性格です」

「これが私です」
というスタンスを取ってみて下さい。

それの何が悪いのでしょうか。
そのまま生きて下さい。
そのときこそ、皆さんはたくさんの幸せを発見するでしょう。

私は、高い幸福状態について言及しているわけではありません。

そこまで行かなくても、たくさんの幸せがあります。

ある種の愛と喜びがあります。

こういったすべてのものが皆さんに訪れます。

このようにして生きるべきなのです。

これこそが悟りへのベストの準備方法です。

私たちのもとにはよく、
世間的に不健全だとか堕落していると呼ばれている
人たちがやって来ます。

私たちが「プロセスに参加しませんか?」と訊ねると、
彼らから「何か楽しいものがあるのかどうか教えて下さい」
などと問い掛けられます。

それで私たちは彼らに問い返します。
「言い換えるとそれはどんな意味ですか?」と。

完全に堕落した彼らはこう訊ねます。
「何か不便なことはないですか?」と。

さらに「何日間、禁煙を守らなければならないのか?」、
「何日間禁酒を守らなければならないのか?」、
「その間に飲酒はできるのか?」などと。

そんな風に一見彼らは実にひどい人々に見えるでしょう。

しかし、私から言わせてもらえば、彼らはとても早く悟れます。

なぜなら彼らはとても素直だからです。

彼らはまさにありのままです。

彼らは努力なしに悟れます。

皆さんはきっと、それを見て唖然とするでしょう。

その逆で、善行を実践し、
美徳を養おうとしている独善的な人たちはどうでしょうか。

善行や徳というものは、自然にそこにあるべきです。

もし皆さんが美徳を養っている限り、それは悪徳だと私は思います。

皆さんが知ってのとおり、美徳を養うことは実にひどいものです。

なぜなら、皆さんはまったくそうでないのですから。

好きでもない相手に、皆さんは笑顔を振りまき、とても優しく対応します。

知ってのとおり、それはものすごい重荷です。

皆さんはすごく嫌いな相手に対して
「あなたのことをこんなに愛しています」と言い続けています。

皆さんは心地よいですか?

皆さんは本当のところどちらなのでしょうか?
皆さんのバックグラウンドが嫌悪感であれば、
それはとても難しくなります。

他方、もし皆さんが弱い者いじめで、「お前が憎い」と言って、
相手に喧嘩を売るような人なら、
その人は恐らくよりふさわしい悟りの候補者だと私は思います。

なぜなら、その人は真実を話しているからです。
ですから、自分自身に真実でいて下さい。

すると不思議なことに自分が良い人間になっていくのに気づくでしょう。

ここで「良い」という言葉の意味は何でも構いません。
そこに葛藤はありません。

ある種の愛が自然に育ちます。
たくさんの素晴らしいことが始まっていきます。

Oneness on the earth vol.2 (有)カルキ・センタージャパン発行より抜粋

しかし、カルキ・バガヴァンの教えは、
キリスト教の聖職者達からしたら、
アンチ・キリスト的な教えで、とんでもない!
と、
CIAから狙われかねませんね。キリストの二の舞は御免です。

2007年12月25日

トップページに戻る


聖者たちのメッセージ10(下へ10〜1まで)
BY 渡辺秀幸

ディクシャ上級コース報告
久々の更新です。速いもので2007年になってしまいました。 人類の大転換点といわれる2012年12月まで残すところあと6年です。
昨年末はディクシャ上級コース参加という形で、インド、カルキバガヴァンの下を久々に訪ねました。このコースには、 日本人150名が参加しました。

頭頂葉と右前頭葉の活動を鎮め、
左の前頭葉を活性化させるディクシャ


今回、ディクシャで起こる脳の変化に関するこれまで私達が聞いていたのとは、少し違う説明を受けました。

ディクシャを受けることで、何故こだわり、捉われがなくなるのか、
あらゆる感情、体験の印象が何故すぐに雲散霧消してしまうのか?

多くの方々がディクシャで体験していることですが、これはディクシャによって脳の頭頂葉と右前頭葉の活動が鎮まり、左の前頭葉が活性化するため、という説明がありました。

悟りを開いた人の脳の状態

完全に悟りを開いた人の脳の状態がまさにその様だと言われています。
そのお陰で、過去を引きずらない、今に集中できる、のです。

前回インドに行った時に、
統合された感覚器官をスローダウンさせることで、
「私」がない状態が体験される、ということをお伝えしましたが、
脳の頭頂葉と右前頭葉の活動を鎮めること
イコール統合された感覚器官をスローダウンさせることだと思います。

この「私」が無い状態を恒常的な状態にするというのは、
実は凄いことなのです。

光のサマーディ、ダイヤモンド・サマーディとは

サマーディ(三昧)と呼ばれる体験は、通常、超越体験と呼ばれますが、
サマーディにも幾つかのレベルがあると言われています。

例えば、光の体験もその一つですが、
光は、絶対が、現象世界を創造する時に、
最初に現れる、最も精妙な要素と言われています。

ディクシャで、光に包まれたり、光を見たり、
光の体験をする方が多いのですが、
光を体験している時は、
相対世界の最も精妙なレベルを体験していると言えます。

認識される対象としての光、認識している自己、
つまり認識者、というように、ここには二元性があり、
光の体験自体はとてもよい体験ではありますが、
絶対の体験ではないことが分ります。

ただ悟りが進んだ段階では、超越した状態で、
目を開いて、現象世界を見た時にも真我が発する光をも
認識しているというか見ているレベルがあります。

この段階では、物質のもつ色鮮やかで、
神々しく光り輝く性質を体験すると同時に、
またあらゆることを知る能力、
知性とあらゆるシディ(神通力)を得るとも言われています。

マハリシ・マヘッシ・ヨーギーは
この意識状態を神意識と呼んでいましたが、
チベット密教では、この状態を
ヴァジラ(金剛、ダイヤモンドのことです)・サマーディと呼んでいます。

最近私が主催する真我覚醒の会で光話をされる
上江州(うえず)義秀先生はタットァ・マシー(統一意識)は時々、
このヴァジラ・サマーディは結構頻繁に体験されるそうです。

上江州先生が、超人と言えるのは、それだけではなく、ほとんど食べない、寝ない状態をこの30年以上続けていることなのです。

(実は、寝ない、食べないことでプラーナ=生命エネルギーが逆にアップするのです。)

飛行機の中等で1〜2時間寝ることもあるそうですが、
もちろん、夢などは見ず、他の世界に行って、
やはり救済活動をされているそうです。

常に忙しいと仰っていました。(笑)
上江州先生に関しましては、また改めて書きたいと思います。

「私」があるサマーディ、有種三昧

もう一つが、よく言われるところの、
有種三昧といわれるサマーディの体験です。

そこでは、「私」と言う感覚が残っているサマーディと言われます。
私と言う感覚は、ラマナ・マハリシによるとマインドが立ち現れる時の、あるいは世界が現れる時の原初の想念だといいます。

「私」が現れる時、同時に私でないもの、
つまり他者が現れるわけで、この世界の分離、私達の根源的な苦しみ(サンスクリット語でドゥッカと呼ばれる)の原因と言われる二元性を作り出す、最初の原因となる感覚といえます。

そういう意味からも、有種三昧は絶対状態の体験、
やはり超越とは言えません。

クラッシック・バレエ界の重鎮にしてディクシャ・ギヴァーの
久保栄治さんが、ご自身のホームページの中で、
絶対状態について、
バーナデッド・ロバーツの本「自己喪失の体験」から
引用されていましたが、
バーナデッド・ロバーツの言う自己意識という表現には、
この「私」があるレベルも当然含まれています。

「私」がないサマーディ、完全なる超越

無種三昧が、絶対の状態です。そこには、「私」と言う感覚はありません。

完全に私が無くなれば、そこにあるのは、
ただの意識、あるいは存在と呼ばれるものです。

バーナデッド・ロバーツの体験によると、ご本人は、完全に超越した状態、「私」の無い状態で、外界、相対世界を見ています。
私が無ければ、他者との分離はありません。
他者を見れば他者になります。
木を見れば、木になり、雲を見れば、雲になります。

タットワ・マシー、統一意識とは

この状態は、見るものが、見られるものになる、
タットワマシー、統一意識、ワンネスと呼ばれる状態です。

その時、バーナデッド・ロバーツは、見られる対象に、
真我つまり絶対状態を体験しているのです。

TM瞑想のマハリシ・マヘッシ・ヨーギーによると、
クリシュナ・ムルティがその状態に常にいたそうです。

ある方の質問に、マハリシ自身もタットワ・マシーの状態にある、
と答えていたそうです。

前回2005年4月の21日間コースで、
統合された感覚器官をスローダウンさせるというセッションで
私が体験したのが、まさにこの体験だったのです、
と書きたいところですが、
残念ながらそこまでは行きませんでした。(笑)

完全に行為に集中する


言葉にするのは、難しいのですが、
経験とそれを見る者が、一体になっているような状態です。

例えば、そのセッションの後、すぐに昼食だったのですが、
食事を盛る行為が、はっきりと意識できる、
動作一つ一つを、完全に意識して行為している、
食事を盛る行為が私、
或は、私はいない、盛る行為だけがある、という感じです。

また、食べる行為も同様です。
一噛み一噛みをきっちり意識しながら食べている、
という感じで、私が食べている、というより食べる行為が私、或は食べる行為だけがある、とでも言えばいいのでしょうか。

ドレッシングを付けないにもかかわらず
生野菜がこんなに美味しいと感じたことはなかったですね。

でも、行為を十全に意識しているということは、
行為者は行為に巻き込まれていない、
ただ観照者として見ている、
というのが正確な表現かもしれません。

突如英語が分るようになる

その後、スジャイダーサジー(ダーサジー弟子の意)
の講義があったのですが、それまで分らなかった、
インド訛りの早口英語が突如分るようになったのには、驚きました。

確かに微妙にゆっくりと聴こえる様になったのだと思います。
コース中は沈黙の業だったので、筆談だったのですが、
字が突然上手になったのにも驚きました。

一文字一文字、完全に集中して、書いているんですね。
小学校の頃の習字の時間を思い出しました。

ゆっくり行為することの意味と価値

英語がゆっくり聞こえてきた、というのは脳活動がスローダウンした結果だと思うのですが、それとは別に、
日本の禅文化と言える茶道や華道、
そして書道等の意味というか価値が良く分りました。

これらは、動く禅、覚醒をもたらすものなんですね。

日常生活の中で、可能な限りゆっくり行動してみる、ということは悟り、
覚醒を促す意味でとても重要です。

普段の行為スピードをゆっくりする為には、
そこに意識的なものを持ち込まなくてはゆっくり出来ないからです。

ふだんの慣れ親しんだ無意識的な行動が、
気づき、覚醒を伴って、行なわれるでしょう。

上級コースでは、沈黙の業とこのゆっくり行為する、
ということが徹底されましたが、これらは自己の内側外側問わず、
気づき・覚醒を強め、悟りを速めるめる上でとても重要です。(続く)  
 2007年1月15日
トップページに戻る


聖者たちのメッセージ9


インドの覚者ニサルガダッタ・マハラジの弟子でやはり覚者であるラメッシ・S・バルセカールはその著書「人生を心から楽しむ」(マホロバアート)のなかで、その原初の状態について以下のように記述しています。

意識だけが存在する

「存在するすべては意識です。
その原初の状態では、それを現実、神、絶対、
無と呼んでもいいのですが、何かに気づくべき理由がありません。

それで、休息している意識は、それ自身に気づいていません。
この突然の感覚、I Am (私は存在する)が起こる時だけ、
それは、自分自身に気づきます。I Am(私は存在する)は、
気づいているという非個人的感覚です。

そして、この時、休息している意識が活動している意識になり、
潜在的エネルギーが、現象化されたエネルギーになります。

それらは二つではありません。
潜在的エネルギーからは、分離したものは何も出てきません。
意識だけが存在します。

それは、世界の見かけという幻想とエゴの感覚を創造し、
本当は純粋な融合の中に、
多様性という幻想を認識します。(この後続くが、省略)」

原初の状態をラメッシ師は、休息している意識、と表現しました。
そして、気づきが起こる、「私はある」と。

他の箇所で、師は、現象が現実に見えるという幻想の時も、
真実に目覚めたあとも、現象宇宙のあらゆる物や対象物は、
意識の産物であり、
私たちはまさに意識に他ならず、
それ以外の何ものであったこともありません。
と述べています。

罪悪感からの解放、人生を心から楽しむ


それにしても、このラメッシ師のこの本「人生を心から楽しむ」
(副題、罪悪感からの解放)は、素晴しいです。

ラメッシ師曰く、「罪と罪悪感の問題は、働いているのは、
神の意思ではなく、人間の意思であるという
根拠に基づいてただ起こるものです。

もし”主の御心が行なわれますように”が
完全に少しの躊躇も無く受け入れられ、
人が、自分という個人がやっているのだと言う
感覚を少しも持つことなく、
何であれ自分がやるようにプログラムされていることをやるなら、
罪や善行の感覚は起こることが出来ません。

私の意思などない、全ては神の意思である


それゆえ、人が人生に参加して、喜びであれ、
痛みであれ、幸福であれ、不幸であれ、
成功であれ、失敗であれ、
その瞬間に起こっていることを
何であれ神の意思として
受け入れることが出来さえすれば、
それが自己覚醒なのです。

そして、賢者はこのように、
罪と罪悪感という重荷を心にもつことなく、
人生に参加するのです。」と。

バガヴァンも同じことのことを仰っていますね。
私の意思などない、全ては神の意思である、と。

ディクシャを受け、思考感情を「見る」と、
この感覚をもって行動してゆくならば、
速やかに苦しみからの解放、
自由が訪れることでしょう。(続く)
2006.9.28

トップページに戻る

◎ディクシャ中の「光」に関する上江州義秀先生のコメント
私達のディクシャ会場にて最近出現している、沢山の「光」(ギヴァー谷口祐子さんの撮る多くの写真に出現)について上江洲先生にバレエ界の世界的重鎮久保栄治氏がお伺いしました。

その答えは
◎あの光は人々を援助する為に、愛の心のディクシャ講師達の呼びかけに応じて来て下さっている霊団の方々である。

◎あの白色で強烈な光はディクシャの目的にあるような、人々への愛と人類への援助に呼応して来て下さっている高貴なる存在である。


聖者たちのメッセージ8
by 渡辺秀幸

「私」がない状態とは

統合された感覚器官をスローダウンさせるという
セッションでの体験を語る前に、
このセッションの目的である、「私」がない状態、
について考察してみたいと思います。

カルキ・バガヴァンによると、この「私」がない状態は、生命或は純粋意識であり、この宇宙を作り出したものであると。

そして究極的にあるものは意識だと、仰っています。
そしてこうも仰っています。

「意識を見ることは出来ません。
なぜならあなた自身が意識だからです。
その本質はアーナンダ(至福、歓喜)と愛です。
しかも理由のない無償の愛です。」と。

存在のはじめに在りしもの

ところで、バガヴァンは、究極的にあるものは意識だと、仰っていますが、この意識、純粋意識に先立ちものがある、
というのが聖者たちの一致した見解です。

意識に先立つもの、つまり絶対存在(ブラフマン)の始めに何があったか?
ということですが、
それは絶対とか絶対状態と言われています。

この究極の状態を絶対「無」、
絶対非在と表現する人もいますが、
果たし絶対的な無が、有になりえるか、という疑問が残ります。

インドの聖典ヴェーダによると存在の始めに「水」があったとされています。その水にゆらぎが生じ、熱をはらみ、その熱に気づきが起こった。
「タッド・エーカム(私はある)」と。

(それにしても不思議です。原初に水があったと、
しかもその水を作ったものはいない!この点に関して後述))

「水」、或は「熱」それはなんらかの質量を表しています。
最初に何らかの存在があった、
そして、その存在に突然ゆらぎが生じ、存在に気づいた。

英語で表現すると最初にBeがあった、そのBeが、Beに気づいた。

この時、意識が生じるわけですが、この意識は、Beingと表現できます。
さて、このi n gに注目です。

純粋意識は完全な静寂といわれていますが、
実は静寂の中に動きをはらんでいることが分ると思います。

至福の正体


BeがBeに気づいている動きです。
もちろん、この動きは、微かな揺らぎと呼べるものです。
現象世界はまだ現れていません。

見る者と見られるもの、見るプロセスは、一体です。
実は、この微かな動きこそが意識の中に至福を作り出しているのです。

バガヴァンは言います。
意識の本質はアーナンダ(至福、歓喜)と愛です、と。
この続きはまた。
2006.9.21

トップページに戻る


聖者たちのメッセージ7
苦しみから永遠に自由になる方法
y渡辺秀幸

写真上谷登茂枝先生と。上谷先生は、政財芸能界、にも多くの顧客持ち、
松田優作や石原裕次郎も先生のお世話になり、延命したとのことです。

毎月20日から26日まで東京・高円寺03−3316−0532、
1日〜7日まで下関0832−32−2582、
10日〜17日まで福岡092−761−0029、
にて四柱推命による鑑定を行なっています。
初回4000円という超良心的な価格で鑑定を行なっています。
信じられないほど多くの方が、病気、問題から解放されています。

バガヴァンからも貴方は美しい、と言われたそうです。
(内面のことだと思いますが笑、
でも先生の若い時の写真が
某有名生命保険会社のポスターに
使われているくらい美人でした。)

 


久々の更新です。
昨年4月末にインド、カルキ・バガヴァンのコースからから帰って来て1年半が経ちました。前回までの話は、昨年の出来事です。
この間、インドでマスターしてきたディクシャを実際に多くの方に行なってきました。

1回のディクシャが、瞑想数百回分の
脳の変化をもたらす!!


ディクシャは私がインドに行く前に想像していたものより、はるかに素晴しいものでした。それは、多くの方の体験談を読んで頂ければ、一目瞭然かと思います。
これまでの皆さんの体験から、1回のディクシャが、瞑想数百回分の脳の変化をもたらしているのではないかと思っています。

インド滞在中、ダルシャンの時にバガヴァンが、瞑想だけしている人々を低次の人々、ディクシャを受ける人々を高次の人々みたいな言い方をしていたので、その時は、えっ、瞑想だけしている人たちが、低次元だって、バガヴァンは何を言ってるのだろう、とその時は、訝しく思っていたのですが、今は、全くThat' s right!という感じです。

妻、ディクシャでこだわりが無くなり、夫婦円満に

例えば、私の妻は、10数年間、TM瞑想をしていまして、
上級者向けのシディ・プログラムというものを長年亘り行なっており、
空中浮揚なども出来るまでになっていました。
(といっても1〜2秒で落ちます笑)、

それでもたまに口論などになると、
私はすぐに忘れるのですが、
妻は半日から1日は引きずっていました。

ところが、ディクシャを受けるようになってから、
長くて2〜3時間、最近では、
10分位で忘れてくれるのです!!
本当に楽になりました!私が(笑)

インド占星術の吉日でディクシャ会をスタート
108名来る

さて日本に帰ってきてから、最初のディクシャ会を開催する日時は、インド占星術の吉日(ムフルタ)で決めました。

そのせいか、私の開くディクシャ会は、とても好調で、都内で最初に開いたディクシャ会は、なんと受講者とディクシャ・ギヴァーあわせて、
インドでは最大吉数と言われる108名の参加者に来て頂きました。

その後も波はありますが、多くの方に来て頂き、
その中から多くのディクシャ・ギヴァーも生まれました。

インドに行けば、悟りを開いて、全てOKか?

ただ、、ディクシャギヴァーになれば、
悟りを開いて、全てOK、と言う感じで、インドに行って実際帰ってきたら、以前より苦しみが増していた、という方が、結構いると最近聞きました。

もちろん、大変ハッピーになって帰ってきている人たちの方が
断然多いと思います。
少なくとも私の周りの多くのディクシャ・ギヴァーはそうでした。

インドのコースには誰でも簡単に参加できるが・・・

前記の人たちは、たいていディクシャもあまり受けず、
瞑想などの精神修養法をそれまでほとんどしたことがなく、
ストレスを溜め込んでいる状態で
いきなりインドに行った人たちだと思います。

(現在、日本に数名いるカルキセンタージャパンの認定講師と呼ばれるディクシャ・ギヴァーの1〜2日のコースに参加し、そのコースでよっぽどバッドな体験でもしない限り、ほぼどなたでもインドに行けるようです。)

インドで連続して集中的にディクシャを受けたことで、
凄い浄化が起こっているのです。

潜在意識に蓄積されたトラウマやストレスなどの
過去の残存印象(サムスカーラ)が、
顕在意識に浮上してきた時に、
サムスカーラに伴う否定的なというより
不快な思考・感情をうまく処理できないために、
その感情に翻弄され苦しんでいるのです。

苦しみから逃げ回る人類

しかし、このようなことは多くの人々に、人類に起こっていることです。

多くの人間は、このような不快な思考・感情に巻きこまれ、
それから逃げようとして、
酒やドラッグに溺れたり、
誰かと会話したり、
インターネットやメール、テレビ、
ゲーム、セックスなど色々なことをして紛らわそうとしています。

(その結果、この文明社会ができた、ともいえますが)

苦しみから永遠に自由になる方法

それらの思考・感情は、確かに不快なのですが、顕在意識に上ってきたということは、それまで隠されてきた、
あるいは蓋をされてきた心の中のごみが、
解放されて出てきているということなのです。

そのごみ、その不快なエネルギーを直視しようとせず、
逃げ回れば、再び潜在意識に還流して、封じ込められ、
また同じような状況になれば、頭をもたげてきて、
我々を苦しめることになります。

「見る」ことが、解放、悟り!?

この不快なエネルギー、感情、感覚から人間が自由になるための最も効果的な解決策、と呼べるものは、この感情、感覚から逃げず、
むしろ積極的に味わうことなのです。

あるいは、その感情に注意を向け、全身全霊でその感情を見るのです。

この方法は古来より多くの聖者たちが、語ってきた方法です。

例えばTM瞑想でも、クンダリーニ・ヨーガでも禅でも、
タントラ、タオ等、どのような行法を行なっていても、
悟りを早める方法として知られているものです。

恐怖が愛に、怒りが勇気に、性欲が至福に変容する本当の錬金術

不安や恐怖感というものは、
胸のあたりから発する肉体的バイブレーションでもあります。

怒りは、はらわたが煮えくり返る、
というように胃の辺りから発する肉体的バイブレーションであり、
性欲であれば、性器周辺でバイブレーションが起こっているはずです。

もし、そのような感情、感覚が沸き起こってきたならば、
その感情、バイブレーションに注意を向けます。

集中し味わいます。
もし、それらの感情、感覚というものを完全に体験するならば、
恐怖は愛に、怒りは勇気に、性欲は至福に変容することでしょう。

セックスでさえ覚醒の体験になる!

この錬金術ということで言えば、
例えば、セックスでさえ、サマーディ、
超越の体験に導くことが出来るのです。

実はセックスにおいてエクスタシーを体験している時には、
会陰辺りにあるムラダーラチャクラと
性器の上のスワディスターナチャクラ周辺で
エネルギーの爆発が起こっています。

通常下方に、或は外側に放出され、精液と共にエネルギーは、
消失してしまい、心身ともにダウンすると。

ところが、そのエネルギーを浪費させず、上昇させ、
覚醒のエネルギーに変換させることができるのです。

(ですから、男性は精液を漏らさずに、性行為或はオーガスムズを体験しなくてはいけません。慣れれば簡単です。何十年でも漏らさなければ、様々な恩恵があります。夫婦円満やオージャスに変換され悟りが速まります。)

女性に関しましては、その時に、
エーテル体で男性の性エネルギーを受け取っていますが、
ムラダーラから頭頂のサハスラーラチャクラへの通路がきちんと開いている方だと、自身のエネルギーと男性から流入したエネルギーが混ざり合って、上方にエネルギーが上昇し、
凄いエクスタシーとともに超越するはずです。

ただしこの場合は、男女ともムラダーラではなく、
脳の中心か、頭頂、或はハートのセンターに注意を向けます。

性行為が、聖行為に変る瞬間

男女とも同時に爆発した場合は、
当然男性にも女性エネルギーがエーテル体を通して流入してきます。

エネルギーの交換作用、相乗作用、同調作用が起き、
それこそ核爆発のような凄いエネルギーが発生し、
上昇し頭頂を突き抜け、それで、お互い超越するのです。

性行為が、聖行為に変る瞬間ですね。(笑)

ところが、上方への通路が出来ていない方は
、しかもご本人が、オーガズムに至れない場合、
男性エネルギーの流入と相俟って下方の性器周辺のチャクラだけ
異様に活性化してしまい、
欲求不満に陥ってしまうでしょう。

その場合は、とにかく頭頂、脳の中心に
意識を向けるかたちで瞑想をし、エネルギーを上方に上げることで、
或は、注意を内側に向けることで、バランスをとり、鎮めます。

インドで恐怖が愛に変った瞬間、恍惚を感じる

インドのコース中、こんな体験がありました。
前回ご紹介した統合された感覚器官のスローダウンを目的としたディクシャの体験をシェアーしてください、と皆が集まったところでダーサジー(お弟子さん)が、話された時です。

私は一応そのとき体験があったのですが、
基本的にアガリ性なので、体験を話すつもりはありませんでした。

ところが、誰も手を上げて応える人がいなかったので、
なんとなく体験をシェアーしなくてはいかんかなぁ、という感じになって、
手を上げようとしたら、例によってドキドキしだしました。

ところが、そのドキドキに注意を向けたとたん、
恋のときめきのようなウットリした感じになって、
えらく気持ちよく話し出すではないですか!(笑)

錬金術のメカニズム

このアガるという感覚は、恐怖の一種ですね。
はらはらドキドキ、恐怖は胸から来ますが、愛も胸から来ます。
この恐怖と愛というのは全く正反対のものですが、
同じ胸から発するバイブレーションでありエネルギーです。

その恐怖のエネルギーが解放される時に、その恐怖を味わう、
或は見ることで、不純物が落とされ、
純粋なエネルギーに変換されるのではないでしょうか。

インドでは、見ることで、不純物を焼き尽くすといいます。
これをタパスと言います。タパスコではありません(笑)。

しかし、より深いレヴェルから見るとこのようにも言えます。

元々、真我から発した純粋なエネルギーが、
ネガティブな思考が介在することで、
恐怖のエネルギーになるのではないでしょうか。

つまり元々は恐怖のエネルギーとして内在しているのではなく、
むしろ愛であるエネルギー、
或は純粋なエネルギーとして発した時に、
同時に思考が介在し、恐怖に変換している、とも言えます。

バガヴァン曰く、思考も地球を取り巻く思考層からやってくると。

恐怖のエナジーが観照者の覚醒意識に変換する


この話題に言及しだすときりが無いのでこの辺でやめにします。

唯一つ言えることは、その感情、思考を見た時に、私達の意識の焦点は、観られる対象から見ている主体である真我の方にシフトしていっているということです。恐怖のエナジーは、純粋なエナジーに変換し、それは更に、観照者の覚醒した意識に変換されるということです。

真我とは見るもの、見られるもの、見るプロセスの完全な合一した意識


純粋意識、真我意識とは、見るもの或は観察者がそれ自身を完全に見ている状態です。よく言われる喩えですが、目が目それ自体を見ている状態といえます。

さて、せっかくですから、統合された感覚器官のスローダウンの体験談を次回お伝えします。今度は1年半後ではなく、もっと早いと思います。(笑)
2006年8月27日

トップページに戻る

聖者たちのメッセージ6
カルキ・バガヴァンの意識状態

前回の続きです。コース中は、夜の11時から12時くらいの間に寝て、
3時半から4時の間に目が覚めました。
お弟子さんたちも早起きで、毎日一緒に瞑想をしていましたが、
瞑想自体も変わりました。

意識の拡大、周囲のものとの一体感


それまで、内側深くにどんどん入っていくと外側のことが分らなくなる、
という感じでしたが、丁度自動的に自己のマインドを「見る」
ということが起こったあたりから、
内側だけでなく外側の世界も同時にはっきりと意識できるようになりました。
外側で何が起こっているか良く分るのです。
それだけ意識が拡大したといえるわけです。


それ以来、以前より人間も含め周囲のものとの一体感を感じるようになりました。
(タットワマシーは、見るもの全てが私、
或は私の真我という意識状態ですが、
それに少し近づいたと言えるかもしれません)


白い光に包まれる
またアーナンダ・マンダラという呼吸法というか
テクニックの後のディクシャでは、
意識が頭頂にあるサハスラーラ・チャクラを突き抜けた、
と感じた瞬間、白い光に包まれる
というような体験もしました。

おそらく宇宙の中心にあると言われる
霊太陽の光であり、
絶対界と相対界の境界にある叡智のレヴェル
リタムバラー・プラジュニャー
の光だと思います。

残念ながら短い時間でした。
あれが続けば大悟してたかなー、
とちょっと惜しまれましたが、
今回、沈黙の業をしっかりやった
ご褒美にバガヴァンが一瞥を与えてくれたかな、
と今は思っています。
(アマチも言ってるように、完全なマウナは
恩寵をもたらしてくれると言います。)

それ以来、曇りの日でも目を閉じると、
あれ?今日は晴れてたっけ、
という感じで意識に明るさが増しました。
性格も明るくなったかもしれません。(笑)

強烈なエクスタシー体験


それが起きた翌朝です、瞑想が終わった後に、
シャバアサナで横になっていると、
尾てい骨の辺りからエネルギーがガンガン上がってきました。
それはエネルギーの洪水という感じで、すごいエクスタシーを体験しました。
その日、誰かの体にちょこっと触れただけなのに、
その方から、電撃が走ったと言われました。

途中ですがこの続きはまた。
すぐ書く予定です。(6月3日)

バガヴァンの意識状態は?
さて続きです。こういった体験中、
至福感と静寂(平安)が、伴なっていた事は
言うまでもありません。
エクスタシーの場合は、更にそこに肉体的な
快感が加わっているような感じです。

又、その後、統合された感覚器官をスローダウン
させるというセッションがありました。

バガヴァンによると
この世界から切り離されているという、
分離感を作り出す大元は「私」と言う感覚であり、
この「私」と言う感覚は、私たちが世界を捉えるために
働かせる感覚器官がある特定のスピードで
強調しあっているために起こる
錯覚だと言います。

どういうことかといいますと、
私たちは例えば誰かを見ている時に
相手の話を同時に聞いていると思っていますが、
実際には相手を見ている時には、
相手の話を聞いてなく、
話を聞いている時には
相手を見てないそうです。

この聞くことと見ることのチェンジが
あまりに速く生じているので、
同時に見ながら聞いているように
錯覚していると言います。

例えば映画のフィルムは1秒間に16コマ以下だと
連続した動きとして捉えられなくなります。
スライドのような感じになります。

同様に、感覚器官もある特定の
スピードで協調しあうことによって、
同時進行しているように感じるそうです。

それが、「自分」「私」という感覚を作り出す
錯覚だといいます。

バガヴァンは言います

この協調しあう感覚器官のスピードを
スローダウンさせることによって、
自分という感覚は消えます。
そこに残るのは、生命、
或は純粋意識と呼ばれるものです。
この宇宙を作り出したものです。

究極的にあるものは意識です。
それがあなたの自分自身に対する見え方です。
しかし意識を見ることは出来ません。
なぜならあなた自身が意識だからです。
その本質はアーナンダ(至福、歓喜)と愛です。
しかも理由のない無償の愛です。

私があなたに、この状態を与える
プロセスはたったの7分です。
あなたは「私」や「自分」無しで、
全てを捉えるようになります。
全く異なる捉え方になります。

例えば、私が皆さんを見る時、
私は皆さんが私の外側にいるようには感じません。
皆さん全員が私のお腹の中にいるように感じるのです。
途中ですが続きます。
(6月15日)



TOPに戻る

聖者たちのメッセージ5

カルキ・バガヴァンの
悟りの21日間ディクシャコース
体験報告

4月末に日本に帰ってきました。
4月3日にインドに入り、その後21日間のディクシャコース、
最後にアーユルヴェーダのパンチャカルマを3日間受けて帰ってきました。
一言で言ってしまうと、大いにバージョンアップしました。

今回の具体的な体験談をお伝えする前に、
ここに至るまでの私自身の長いようで短い道程を
簡単に振り返りたいと思います。

確か19歳の時、大学に入ってまもなくの時です。
一本の映画を見ました。
「ブラザーサン・シスタームーン」という
聖フランチェスコのことを描いた映画です。
物語はこんな感じです。
裕福な商家の家に生まれたフランチェスコは、
十字軍兵士として戦争に行くまでは、
金持ちの放蕩息子という感じで、酒に女に
(映画には描かれていませんが一説によると男にも笑)
自由奔放に遊んでいました。

ところが戦争から命からがら帰って来たフランチェスコは、
悪夢にうなされ、その悪夢から目覚めると完全に
フランチェスコの見る外側の世界は変わっていました。
見るもの全てが美しく輝いていたのです。
後で分ったことなのですが、
その時フランチェスコは悟りを開いていたのです。

その後、地下室で奴隷のように働く使用人たちを
仕事を放棄させピクニックに連れて行ったり、
家の財産を町中の人々にばら撒いたり、
そんなこんなで、父親から責められ、
ついに親元を去ります。

そしてフランチェスコはアッシジの町外れにある廃墟になっていた教会を
ひとりレンガを積みながら再興し始めました。
やがてかつての遊び仲間数名も、フランチェスコの姿に心を打たれたのか、
ひとりずつ加わってゆき、行動を共にするようになりました。

やがて教会は再興し、貧しい人々や病人達が
大勢集まってくるようになりました。
一方アッシジの町中にある既存の教会は、
人々がフランチェスコの教会の方に集まるようになり人は減るばかり。
フランチェスコの教会は、既存の教会に妬まれたのか、火をつけられ、
一人、帰依者も殺されてしまいます。

その時のフランチェスコの気持ちを代弁すれば、
一体キリスト教、キリスト教会というのは、なんなのだ?!
キリストの教えは誰のために、何のために存在しているのか?
責任者出て来い!といった感じでしょうか。(笑)

私が間違っていて彼らが正しいというのか、
それを問質すべく、
その責任者たるキリスト教、キリスト教会の中心にいる
ローマ法王に会いにフランチェスコはローマに行きます。
フランチェスコの魂の叫びに法王も
純粋だった若い頃を思い出し、フランチェスコに跪きます。
そして映画は終わるわけです。

フランチェスコが悟りを開いた場面から終わりまで涙が止まりませんでした。
丁度道を求めていた時だっただけに、
これだ!これが私の生きる道だ!という感じで
大変感動したわけです。

その後日本中をアクセサリーを売りながら旅したり、
ヒッピーと呼ばれる人々と交わったり、
ヨーガに興味を持ち始めた頃、
マハリシマヘッシヨーギーが書いた
超越瞑想(TM)入門に出会いました。
このときもこれだ!私の探していたのは!
という感じでTMを始めました。

マハリシは言います。
「神をしっかりと認識すると万物が自分の中にあり
自分が神であることが分ります。
神意識にに包まれているこの上なく浄化された境地に至れば、
行為の及ぼす束縛一切と無知に終止符が打たれます」と。

この瞑想は凄いです。
TMのイニシエーションを受けた日に
帰りのバス停で出会ったのが、
聖者メッセージ4で紹介したとおり最初にカルキ情報を
伝えてくれたHYさんなのですが、
それまでストレスを溜めてきたせいか、
注意力散漫で、集中力がまるで
無い状態が続いていました。

HYさんと話をしていて気づきました。
電車の中でもどこでも周りが気にならなくなり、
完全に集中しきっている自分がいるのです。
鏡を見た時に自分の目が
変わっているのに驚きました。
それまでの不安げな目から
自信に満ちた目つきに変わっているのです。

そして更に驚いたのは、
翌日朝目が覚めると世界が変わっていました。
子供の時学校が終わり夏休みに入っていくときのような、
とてもさわやかで開放された感覚になっているのです。
そういえば子供の時ってこういう感じだったよなー、と。
この体験を両親に話したら、
二人とも、瞑想を始めました。

母親と私は、二人とも東南向きの玄関が原因で
(もちろん原因は、後になってマハリシ・マヘッシ・ヨーギー
のヴァーストゥで分った事なのですが)
不安感が大変強くなっていて、
特に母親は不安神経症のようになっていました。

瞑想すると不安感が減ると言って、
母親は死ぬまで瞑想をやっていました。
(若いときの輸血が原因でC型肝炎から肝硬変になり
10年前に亡くなりました。)
私の唯一の親孝行だったかもしれません。

私の方は頭の先から足先までメントールを
なめている時のようなスースーした感じが
ずーと続いていて、時々不安感に
襲われることはありましたが
しばらくすると完全に消えていました。

中学2年の時に奥多摩にある山の頂上を征服した時に
味わった深い満足感が忘れられなかったのですが、
更にしばらくするとそれ以上の凄い満足感を
日常生活でも体験するようになりました。

そういった体験をする前後だったと思いますが、
HYさんがJ・クリシュナムルティの本を読み、
私に咀嚼して「マイインドをただ見る」(詳細後述)ということの重要性を
教えてくれました。

御蔭で、TMの体験と相俟って日常生活では更に雑念が減り、
葛藤もなくなり、人生がスムースで快適なものになりました。

私は子供の頃から短気で怒りっぽかったのですが、
この「マイインドをただ見る」を実践するようになり、
怒りの感情は芽の段階で摘むことが出来るようになり、
怒りからは完全に解放されました。

ところで「見る」ことの主体は何でしょうか。
それは心の本性である純粋な意識です。
そういう意味でTMをすることによって、
純粋意識が心に定着していましたから、
「見る」ことはとても容易でした。

感情とは一つのエネルギー現象です。
快い感情エネルギーもあれば、
不快と感じるエネルギーもあります。
そのエネルギーの現象を全身全霊で見ることによって、
全てのエネルギーは上昇し、純粋意識に、
至福のエネルギーに変容します。
それは瞬時に起こります。

ですから見れば見るほど純粋意識が
心の本性に注入されていくわけですから、
ますます覚醒が深まっていくということです。

ところで思考もエネルギーですが、
思考を見るのはもっと難しいのです。
より精妙なレヴェルのエネルギー現象だからです。
「見る」ためのエネルギー、純粋意識が、
更なる覚醒が必要なのです。

そのようなわけで私としてはTMでいうところの
宇宙意識(サクシーバーヴァ)には
まだまだ程遠いと感じていました。
そこには見るための努力、
観照するための努力がまだ存在していたからです。

宇宙意識の初めの一歩として
無努力の観照が、自動的な観照が
まずそこになければならないと感じていたからです。

そして前述のごとくカルキ・バガヴァンに出会い、
今回21日間コースに参加したわけです。

そしてディクシャをお弟子さんたちから与えられ始めてから
数日後の4月14日、この日はゴールデンシティーのある
アンドラ・プラデーシュ州の新年にあたり、
アンマ(バガヴァンの奥さんでマザーデヴァインの化身と呼ばれています)の
ダルシャンのあるネーマン寺院に向かってゆくバスの中で、
それは起こりました。

自分の思考を、岸辺に立って、
川の流れをただ見るがごとく、見ているのです。
思考は来て、そして去っていく、ただそれだけなのですが、
思考には巻き込まれていません。
そこには全くの努力はありません。
見ようという努力無しに見ているのです。
サクシーバーヴァの前段階、必要条件といえるものです。
その時はまだ、どうせ一時的な体験だろう、と思っていました。

そしてアンマとのダルシャンがありました。
今までアンマには全くというほど思い入れは無かったのですが、
アナハタ・チャクラがガーンと開いた感じになって、
止め処も無く涙が溢れてきました。
ダルシャンから戻り、夕方になっても
まだ努力なしに見ていました。

スジェイ・ダーサジーというお弟子さんが、
今日はセッションはお休み、
映画を見ましょう、ということになり、
何の映画かなー、と思っていたら、
なんと「ブラザーサン・シスタームーン」だったのです!!

32年前に見た後、何度もビデオ屋に足を運んで
探しては見つからなかった映画を
まさかこのインドの地で見ることが出来ようとは。
しかも今日は自分にとってある意味、記念すべき日です。
自動的に「見る」ことが起こった日として。

インドではインド映画以外はほとんど上映されません。
ましてビデオ屋もありません。
33年前のイギリス映画ですから、
20代のお弟子さんたちが、
この映画のことを知っていたとは到底思えません。

聞けば、この「ブラザーサン・シスタームーン」、
バガヴァンの推薦映画とのこと。
ガーンというか、ウヌヌヌという感じです。(笑)

バガヴァンが推薦映画を探して、
世界中からビデオを取り寄せ、
寝転がって部屋でビデオを観てたりして。(笑)
1番弟子のアナンダ・ギリさんやサマダシンさんたちに
マッサージさせたりして。(笑)

冗談はともかく、映画を観ながら、
ここに至るまでのことに思いをはせ、
32年前にこの映画を観た時のように、
感動していました。
また自分を守り、導いてくれている存在が確実にいることに
感謝せずにいられませんでした。
この続きはまた。最後にドノバンが歌う主題歌の詞を
(ドノバンもTMをやっていましたね)

兄である太陽よ。姉である月よ。

 その声もその姿も、 めったに私には届かない、

 自分の悩みだけに心奪われて。

  兄である風よ。姉である大気よ。

 私の目を開いておくれ。 浄く美しい心の目を。

 私を包む栄光が、目に見えるように。

 神に与えられた命。 私にも神は宿る。

 その愛がいま、 この胸によみがえる。

 ブラザーサン シスタームーン

 今こそその姿に触れ、 その声を耳に。

 そして胸を打つ、 溢れる、この愛。

 神に与えられた命。 私にも神は宿る。

 その愛がいま、 この胸によみがえる。

 ブラザーサン シスタームーン

 今こそその姿に触れ、 その声を耳に。

 そして胸を打つ、 溢れる、この愛。


(5月11日)

トップページに戻る
聖者たちのメッセージ4
21日間で悟りを開かせる? !
ディクシャとは


は本日3月30日からタイ、インドに出かけてきます。
主な目的は、バガヴァンの下で、21日間のディクシャと呼ばれる、
バガヴァンの悟りを得させるためのエネルギーを受けてくることにあります。
また同時に人々にディクシャを与える能力というか技法を
伝授してもらうことにあります。

実は昨年世界的に有名なグル
(とくに欧米で、また世界一裕福なグル
とも呼ばれている)
シュリ・シュリ・ラビ・シャンカール師が
バガヴァンの下を尋ねました。

ラビ・シャンカール師は現在49歳位の方ですが、
若いときからかなりの長い間マハリシ・マヘッシ・ヨーギーの下で
時間を過ごしたそうです。
ですからマハリシの下で20年間過ごした、
現在藤堂オフィスの藤堂正基さんのヴェーダの師匠でもある
ラーマムルティ師とも大変親しいとのことです。

マハリシの下で悟りを開いたラビ・シャンカール師は
マハリシのアドバイスに従い南インドバンガロールのそばで
アシュラム(道場)を開いたそうです。

ラビ・シャンカール師の本「ゴッド・ラブズ・ファン」(出帆新社)を読む限り、
バガヴァンの教えとそっくりです。

バガヴァンを尋ねたラビ・シャンカール師は
人々に早く悟りを与えるために、バガヴァンより
ディクシャをすることを薦められたそうです。

もう一つびっくりする出来事ですが、
やはり昨年、マハリシの45年来の側近の方が、
バガヴァンの下を尋ねたそうです。

その方は、マハリシの超越瞑想(TM)を最も初期に
習った方です。国際本部で財務を担当している方だそうです。

マハリシに45年前に何時悟り(ここでいう悟りは、TMでいうところの
宇宙意識サクシ・バーヴァをさします。)を開くのか尋ねたそうですが、
その時の答えは25年後。
25年たって悟りを開いてなかったので、その時も聞いたそうです。
何時悟りを開くのか、その時の答えは20年後。

そして20年経ち(つまり合計45年)悟りを開いていなかったその方は
バガヴァンのことを耳に挟み、バガヴァンの下を尋ねたそうです。

そして21日間のディクシャを受け、
その結果、ついに悟りを開いたのです!!

その後マハリシに接見したらマハリシが大変驚いていたそうです。
(おそらく悟りを開いていたので)
その方はご本人もディクシャをバガヴァンよりマスターしたそうです。

そしてマハリシにこのディクシャをやってもいいか聞いたそうですが、
現時点では、返事が無い!(マハリシも悩んでいるのでしょうか?笑)
で、バガヴァンに聞いたところ、勝手にやりなさい!(笑)
この先TMの方も意外な展開になってゆくかもしれません。

この話を誰から聞いたかといいますと、
マハリシがかつて日本に長期滞在したときに
マハリシの側に長い間いた日本人のT・Eさんという方からです。
この方、マハリシが日本にいる間、何回かマハリシから
あなたは日本を変える人物になる、と言われたそうです。

で、そのT・Eさん、今何をやっているかと言いますと
やはりバガヴァンの下でディクシャを受け、
現在実際にご自分もディクシャを行っているのです。
私もTEさんよりディクシャを受けましたが、とても強烈でした。

瞑想の合宿に長期間参加した時のような、
大変リラックスした状態になりました。
T・Eさんから聞いた話では、
T・Eさんのディクシャを受け
光の海に漂っているような体験を
した方もいたみたいです。

元々TEさんと私は、27年前くらいから知り合いなのですが、
どうしてバガヴァンのことを興味を持ったかと言いますと、
やはり二十数年前にT・Eさんと私の共通の友人HYさんから
インド料理店を経営するJさんの話として、
マハリシが、近い将来カルキが現れるだろう、と予言している
と聞いていたからです。

カルキというのはビシュヌ神の第10番目、最後の化身と言われ
(我々が知っている、クリシュナや仏陀、ラーマも
ビシュヌ神の化身と言われています。)、
人心乱れ、世の中に悪がはびこる暗黒時代、カリユガ
(鉄の時代、今現在がカリユガの時代と言われています。)
を破壊するために、白馬に乗って現れる、
という、インドでは知らない人がいないくらい
有名な言い伝えがあります。
(今、白馬の騎士が話題になっていますが、笑)
 
その時は、ふーんという感じで聞いていたのですが、
その後何か心の奥に引っ掛かっているというか、
記憶の片隅に残っていました。

そして、今から5年位前、私達がTMの団体への
宝石の卸を辞め、経済的にピンチだった時、
H・Yさんがインターネットで検索していて、
カルキを見つけたよ!と教えてくれたのです。
最初は、え、あのマハリシが予言していたカルキ?
と当然信じられなかったわけです。

そして、H・Yさんから聞いたら、
なんと日本のカルキムーヴメントの
中心になっている人は、
私の昔から良く知る人だったのです。

私が二十数年前瞑想を教えていた時、
藤堂さんと一緒に名古屋にセンターを開設しました。
その時ミーティングに参加していたすごい素直で
明るい感じの高校生がいました。

その高校生はその後東工大に進み、修士課程終え、
お父さんの事業を引き継いだあと、
バガヴァンに出会ったそうです。
紹介がが遅くなりました。
その人の名は大矢浩史さんと言います。

大矢さんが開くミーティングにも何回か参加しました。
教え自体は、マハリシがかつて統一意識(タットワマシー)
に達しいていると評したJクリシュナムルティ、オショー・ラジニーシなど
多くの聖者と言われている人々のいっていることと同様です。

教えの根幹にあるのは、瞑想やヨーガで意識の中心(存在)を作り、
その中心からとにかく心の内側のマインド、感情、呼吸、あらゆる現象を
ただ見る、ということです。
24時間の覚醒、宇宙意識サクシーバーヴァに
至る前の段階としての観照ですね。

これはとても良いのですが、大矢さんが書いた
バガヴァンに関する本(神の誘い、出帆新社)
の話があまりに凄すぎて信じられないのです。
シディー(超能力)を信じている私ですが、
そこに書かれてあった大矢さんがインドで取材した体験の数々は
これホントなのー、というあまりに奇跡的体験ばかりなのです。

とにかく疑っていてもしょうがない、インドに行ってみよう、
ということで、4年半前の冬バガヴァンの下を尋ねたのです。

その時はH・Yさんも含め20名近くで行きました。
マハリシの下で、1年近く上級のテクニックをやり、
マハリシや国際本部の人々からも大変評価されていた
大学教授の方も参加しました。(その方は、昨年バガヴァンの下を尋ね、
やはりディクシャで悟りを開いたそうです。)

とにかくお弟子さんたちの愛のある接し方には驚きました。
謙虚な感じでエゴっぽいものが無いのです。
周りに注意が行き届いているというか、
例えば、誰かが少しでも顔を曇らせたりした時は、
すかさず、どうしました、という感じで話しかけてくるのです。
で、話を聞き解決策を伝える、という感じですね。

幸運にもコースの最後の方の接見の時、
バガヴァンや一番弟子のサマダシンさん
(この方ほんとに美しいです。ラーマを女性にした感じです。)
から私の前世や妻との前世からの関係、
スワダルマ(天命)等を教えてもらいました。

他にも語りつくせない体験があったのですが、
これは本物に違いない、
伝説のカルキかどうかはともかく、
この人は間違いなく
人々を悟りに導くために現れていると。

これはバガヴァンの直弟子の人から直接聞いたのですが、
あの有名なサティヤ・サイババも悟りを開きたいなら、
カルキの下を尋ねなさい、と言ったそうで
サイババのファミリーの人たちも
来ているそうです。

話は変わりますが、バガヴァンによると、
日本人が最も早く悟りを開くそうです。
しかも、まもなく!!(後数年内だそうです、俄に信じられない話ですが)
ただ2012年までは、浄化作用として
自然災害、特に水害、の危険性があるそうで、
東南海地震による津波被害でしょうか。
ジョーティシュ的に言うと、この5月末までは、
特に土星のトランジットの影響が良くないので要注意です。

そういう意味で、早い段階で多くの日本人に悟りを与えたい、
というのがバガヴァンの思いのようです。
私はバガヴァンにはジョーティシュ・プルシャを
活性化してもらいたいと思っています。

帰ってきてからバガヴァンのメッセージなど、又お伝えしたいと思います。
(3月30日)


TOPに戻る

 聖者たちのメッセージ 
マンディーン占星術が告げる
日本の未来
 

2ヶ月振りの更新です。
昨年後半は色々ありました。
何といってもスマトラ島沖の地震による津波被害がショックでした。
女性聖者アマチのアシュラムのある南インド西海岸のアラッパード村も
かなり被害にあったようで、村人が140人以上亡くなられたそうです。
アマチは被害者のために24億円の献金を発表していますが、
我々も可能な限り協力したいと思っています。

かつて世界中に超越瞑想やアーユルヴェーダを広めた
聖人マハリシ・マヘッシヨーギーは、アマチを偉大なシッダ(成就者)と評しました。
バガヴァンもアマチを完全に悟りを開いた聖者と評していたと聞きます。
ところでアマチの信奉者の人たちは、新宿でホームレスの人たちに
炊き出しボランティアをしているそうです。本当にえらいです。

そのアマチが2002年の時点で、2005年は悲劇と危険の年になるだろうと
思った、と述べられています。
この大津波は、2004年の最後に起こり、2005年になった
今も惨劇の後遺症が大きく残っています。

しかしアマチは、「これで暗いことが終わればよいのだけれど、
そうではない、という気がする。私達は皆、何かひどいもの、
戦争のようなものがこれに続かない様に祈らなければなりません。」
と話されていたそうです。

マンディーン占星術というのがあります。
これは、個人ではなく国家や世界の未来を
予測する占星術です。
国家を占う場合も個人と同様に、
国家の誕生時間を元にチャートを作ります。

日本の場合、戦前は、大日本帝国憲法の発布された日、
1889年2月11日8時30分をもって誕生時間としていました
マハリシマヘッシヨーギーの方のジョーティシュでは
戦後はというとサンフランシスコ講和条約の発布された日、
つまり日本がアメリカ占領から独立した日を戦後日本の
誕生日としていました。
つまり1952年4月28日22時30分です。
この時間でチャートを作ると、(チャート近いうちに載せます)
戦後の色々な出来事がピッタリ当てはまってくるのです。

1990年始めに株式市場でバブルが弾けてから、日本は
景気低迷が続き、今日に至るわけですが、
ここ何年も年間の自殺者が3万人にも達するという
異常事態が現出しています。
世相的にもなんとなく暗い感じがこの十数年つづいていますが
ジョーティシュで見てみると、この18年間、土星のマハダーシャ(大運)が
ずうーと続いていたんですね。

日本の上昇星座は、射手座ですから、土星は、2室3室の支配星で
しかも逆行して第10室に滞在しています。
第10室は、政財界のトップや支配者層、また社会全般を
表してしています。この土星かなり否定性を
帯びています。マラカ(Killerキラー)でもあります。

この第10室の土星には様々な意味がありますが、
まず社会の支配者層に多くの困難さと問題を与えます。
第4室、12室にもアスペクトしていますので、
財政的な破滅をも表しています。
また第10室の土星は、めまいがするような高みに上げて、
落下させるという意味があります。

土星のマハダーシャに入った
1986年12月11日の2年後の1989年1月7日に
昭和天皇が死去されました。
そしてその年の12月14日に土星のアンタダーシャ(中運)から
水星のアンタダーシャに入りました。

日経平均株価は、12月末には3万8千円台
という史上最高値を記録しましたが、
明けて1990年1月はじめから株が値下がりを始め、
2月26日には、たった1日で日経平均が、
1500円も下げるという大暴落が起きました。

この株価暴落は、ソロモンブラザースという外資系というかユダヤ系証券会社の
合法ではあっても謀略的ともいえる、株や日本国債の投機的売買によって、
もたらされたと言われてれています。
多くの日本人がこの株の暴落によって多額の財産を失い、
逆に彼らは何千億円と儲けたといわれています。

水星は、第7室と第10室の支配星で第4室うお座にいます。
第4室は国土や不動産、国の財産を表しています。
うお座で水星は、衰弱します。
反対側の第10室には、逆行した土星がいて、度数からいっても
ハードな相互アスペクト、つまりお互いがとても強い影響を
与え合っています。
これは何を意味するでしょうか?
これは個人のチャートにもいえることですが、
第4室で水星が害された場合、また土星に害された場合、
詐欺や不正手段、盗みによる
財産の損失という意味があるのです。
どうですかピッタリでしょ。

水星のアンタダーシャになってから、もちろん土地バブルも弾けました。
この水星かなり問題をもたらしていることが分ります。

土星マハダーシャの前の木星マハダーシャ、水星アンタダーシャの時は
故田中角栄元首相がロッキード事件で逮捕されています。
この方めまいがするほど高みに上ったのが、木星マハダーシャ、
土星アンタダーシャでしたが、
結局土星アンタダーシャ期に金権腐敗政治と批判され退陣
水星のアンタダーシャに入って
ロックフェラーらに独自外交を睨まれて、キッシンジャーらにはめられ、
賄賂をつかまされ(自ら掴んだのでしょうが)、逮捕と。

この時政財界の大物が何人か逮捕されています。
水星のダーシャの時期は気をつけなければなりません。
ところでもう直ぐ土星のマハダーシャが終わります。
普通個人のチャートだと
土星が終わり水星のダーシャになると
憑き物が落ちたように明るく軽くなります。
やれやれやっと土星の時期が終わるか、
と普通はなるところなのですが、
ことこの日本の出生チャートの水星からは、
明るさが見えてこないのです。
ひょとしてますます悪くなっていくかもしれません。。
今回はヴァーストゥから外れましたが、この続きはまた。

最後に、エメラルド王早田英志さんの半生を描いた
映画「エメラルド・カウボーイ」が、シネセゾン渋谷で現在上映されています。
凄く面白いそうです。ニューヨーク・タイムズは
「非常にユニークなドキュメンタリードラマ、一見の価値あり」と評していました。
私も近じか見に行く予定です。

また妻の親戚の黒木和男監督の映画「父と暮らせば」が
3月5日から岩波ホールでアンコール上映されます。
昨年の多くの映画賞を総なめしましたね。
日本映画ペンクラブ賞日本映画ベスト1、毎日映画コンクール監督賞、
日刊スポーツ映画大賞監督賞他、主演の宮沢りえもたくさん賞をもらっていました。
是非見に行ってください。
(2005年2月15日)


トップページに戻る

聖者たちのメッセージ 

南インドの聖人カルキ・バガヴァン
のフォトンベルトに関するコメント


フォトンベルトに関する
バガヴァンのメッセージをお伝えしましょう。

以下は、はある方のカルマに関する質問に
バガヴァンが答える形で話されたものです。

バガヴァン: 

私たちは「あなたのカルマ」とか「彼女のカルマ」
というようには話しません。

個人のカルマというものはありません。

人類のカルマがあるだけです。

例えばラマナ・マハリシが癌で亡くなりました。
ラーマクリシュナ・パラマハンサもそうです。

他の聖人たちにも問題はありました。

あなたは完全にカルマから自由になることは
できません。

なぜなら、それはあなたのカルマではありませんし、
更に言えば、そもそも「あなた」というものなどないのです。

「自己」というのは幻想に過ぎないと話したことがありますね。
それはただ消え去るものです。

ですからそこにあなたのカルマというものがどうして存在できるでしょう。

さてあなたは、しばしば様ざまな考えで悩み混乱させられます。

私たちが酸素を吸い込み二酸化炭素を吐き出すのと同じように
私たちは考えを吸い込み、考えを吐き出しています。

地球には思考層があり、過去1万1千年の間にこの地球に生まれた人々
の考えの全てが包含されています。

彼らの体験の全て、概念の全てがそこに蓄えられているのです。

これが人類のカルマと呼ばれるものです。

この人類のカルマがあなたを通って流れます。

例えばあなたが空気の汚れたマドラス市内に住んでいるとします。
自ずとその汚れた空気を吸い込みます。

あなた自身それを避けられませんし、
それから自由になることはありえません。

すなわちそれと同じように、人類のカルマがあなたに絶えず
影響を与えているのです。

しかしそれなら人は、1万年以上の歳月にわたって
蓄え続けた現在の全てのカルマから自由になれるのでしょうか。

はい、それは可能です。

さてこの思考層がどこに貯蔵されているかわかりますか?

これらの思考は地球磁場に蓄えられます。

過去1万1千年間に起こった全てがここに貯蔵されているのです。

以前シューマン共鳴(地球の心臓の鼓動)についてお話しましたが、
この周波数は普通7.8ヘルツです。

それが今11ヘルツになっています。

数学的に予測すると2012年には13ヘルツになります。

周波数がここまで上がると、地球磁場は消失してしまうか、約3日の間
かなり弱くなります。

地球の中心には回転している核があり、
それによって地球磁場が生じます。

地球自体、フォトンベルト(光子帯)を通過しています。

このフォトンベルトが地球磁場を弱めます。

それによって地球磁場は今後弱まり、おそらく地球共鳴の振動数が
13サイクルにまで高まると地球磁場は0(ゼロ)になります。

その後また回転し始めますが、逆回転するでしょう。

この現象は以前あったでしょうか?

はい、ほぼ1万1千年間隔でこの現象が繰り返されていることを
立証する化石がたくさん見つかっています。

更に言えば、インド、チベット、中国、中南米など、世界中の古い経典の
ほとんど全てにこの現象が記述されています。

例えばあなたがコンピューターのプログラムをしていたとします。

そこで停電が起こると、プログラムは全て消えてしまいます。

ですからそれを避けるためにUPS(無停電電源装置)を使います。

これと同じように地球共鳴の振動数が13ヘルツに達すると、
ある意味で停電が起こり、地場が消失します。

地場が消失するとそこに蓄えられた思考も消失します。

これによって1万1千年間の記録がなくなります。

この現象が起こると人類はカルマから自由になります。

この現象は過去に何度も起こっています。

これについて言及している経典があります。

しかし現時点では、たとえあなたが悟ったとしても、
カルマから自由になることはありません。

たとえラマナであろうと、あなたであろうと同じ空気を吸わなければなりません。
違いは単にラマナには、「自己」というのが解消されていたので、
苦しみというのは、心理的レベルでは生じないということです。

しかし、カルマを完全に解消し、二度と戻らないようにするには、
2012年までに最低でも6万人が悟る必要があります。

新しい世界が持ち上がるのは、この時だけです。

ですから皆さんは出来るだけ早くムクティー(悟り)のために自分自身の
準備を進めていかなければなりません。

それはとても大切なことです。

以上がバガヴァンからのフォトンベルとに関するメッセージですが、
この中で誤解していただきたくないのは、
自己がなくなるというバガヴァンの表現です。

これは自己がなくなり無になってしまうということでは
ありません。

自己という感覚は、自己でないものつまり他という感覚を生み出します。

この感覚は世界と自分が分離した感覚です。

これはもちろん
愛とは反対の感覚であり、自己にあっては葛藤を
そして自己の周りつまり家族や社会に対しては
対立や紛争をもたらす
根本的な原因になっていると考えられます。

バガヴァンの言う悟りとは、
このように世界と自分を分け隔てる
自己という感覚がなくなった状態であり
言葉を変えれば世界あるいは宇宙万物
と自分が一体になった状態を
表しています。

万物の中に永遠で絶対の至福である
真の自己を見出します。

この状態をサンスクリット語で
「アハン・ブラフマスミ 」
我はブラフマン(大我)なり
と表現しています。

(2004年6月9日)

聖者たちのメッセージ
悟りの時代の
本格的到来


ところで今日2004年6月8日はとてもとても
重要な日です。

私が崇敬する南インドの霊性指導者
バガヴァンによると今日から本格的な
悟りの時代が始まる!と。

思えば1975年に、やはりインドの霊性指導者
マハリシ・マヘッシュ・ヨーギーが悟りの時代の夜明けを
表明してから今年で29年の歳月を迎えようとしていますが、
いよいよ本格的な悟りの時代がやってくるというわけです。

神の恩寵、というか神の恩赦と言ったほうが
適切な感じですが、多くの人々に悟りを開かせる
力が宇宙から降り注いでくるらしいのです。

そしてその恩赦の期間は2012年6月まで続くと。

その後は、2012年12月に地球は
フォトンベルに完全に突入すると言われています。

これが何を意味するか、バガヴァンのメッセージを
後でお伝えしたいと思います。

ご存知の方も多いと思いますが、
今日の14時11分頃から20時19分まで
金星が太陽面を通過します。

これは日本では130年ぶりの
現象だそうです。

金星は物質的な豊かさを表す星で
豊饒の女神ラクシュミ神と
関係しているわけですがすが
ラクシュミ神は物質的な豊かさだけでなく
精神的豊かさ、悟りに導く神として
インドでは最も愛されている神様です。

仏陀が悟りを開いたとき、
やはり金星が関係していたそうです。

弘法大師空海がやはり悟りを開いたとき
明けの明星金星が輝いていたという有名な話が
残っています。

という訳で、今日の14時から20時ごろまでは
ぜひ瞑想をして過ごしてください。

私はジュース断食と瞑想三昧に浸りたいと思います。

(2004年6月4日)

聖者たちのメッセージ1
7
内側を観れば、
人生は奇跡となる


聖者たちのメッセージ16
「悟りへのプロセス
ニサルガダッタ・マハラジの言葉
聖者たちのメッセージ15
シュリ・バガヴァンの教え3
「マインドの超越」


聖者たちのメッセージ14

何万回の輪廻をもたらす人生の束縛者ヴァサナとは?

聖者たちのメッセージ13
「人を解放する」
シュリ・バガヴァンの教え2


聖者たちのメッセージ12
マハリシ・マヘーシュ・ヨーギーの師の言葉

聖者たちのメッセージ11

「人を解放する」
シュリ・バガヴァンの教え


聖者たちのメッセージ10

意識を自在に操る
上江州義秀先生

聖者たちのメッセージ9

意識だけが存在する
ラメッシ・S・バルセカール


聖者たちのメッセージ8
存在のはじめに在りしもの

聖者たちのメッセージ7

苦しみから永遠に
自由になる方法

聖者たちのメッセージ6

カルキ・バガヴァンの意識状態
(21日間ディクシャ体験報告
)    
聖者たちのメッセージ5
21日間ィクシャコース体験報告1 自動的観照が起こる

聖者たちのメッセージ4

21日間で悟りを開かせる!?ディクシャとは

聖者たちのメッセージ3

マンディーン占星術が告げる日本の未来

聖者たちのメッセージ2

カルキ・バガヴァンのフォトン・ベルトに関する見解

ディクシャトップに戻る

HOME

HOME

★カルキ・バガヴァン「人生」「愛」「悟り」を語るライブ!!
(2007.9.27)


聖者たちのメッセージ20
ホ・オポノポノ、
現代に蘇る念仏


聖者たちのメッセージ19
マハリシ、バガヴァンが語る
究極の悟りへの段階

★ディクシャ批判に答える他

聖者たちのメッセージ18

シュリ・バガヴァンが語る
「死後体験」


聖者たちのメッセージ17
内側を観れば、
人生は奇跡となる


聖者たちのメッセージ16
「悟りへのプロセス
ニサルガダッタ・マハラジの言葉
聖者たちのメッセージ15
シュリ・バガヴァンの教え3
「マインドの超越」


聖者たちのメッセージ14

何万回の輪廻をもたらす人生の束縛者ヴァサナとは?

聖者たちのメッセージ13
「人を解放する」
シュリ・バガヴァンの教え2


聖者たちのメッセージ12
マハリシ・マヘーシュ・ヨーギーの師の言葉

聖者たちのメッセージ11

「人を解放する」
シュリ・バガヴァンの教え


聖者たちのメッセージ10

意識を自在に操る
上江州義秀先生

聖者たちのメッセージ9

意識だけが存在する
ラメッシ・S・バルセカール


聖者たちのメッセージ8
存在のはじめに在りしもの


聖者たちのメッセージ7
苦しみから永遠に
自由になる方法

聖者たちのメッセージ6

カルキ・バガヴァンの
意識状態

21日間ディクシャ体験報告
  

聖者たちのメッセージ5

21日間ィクシャコース体験報告1 自動的観照が起こる

聖者たちのメッセージ4

21日間で悟りを開かせる!?ディクシャとは

聖者たちのメッセージ3

マンディーン占星術が告げる日本の未来

聖者たちのメッセージ2

カルキ・バガヴァンの
フォトン・ベルトに関する見解


聖者たちのメッセージ1

聖者達が告げる
悟りの時代の到来

本物の覚者で超人
上江州義秀先生について


世にも美しき出会いの物語

ディクシャ・トップページに戻る

DEEKSHAディクシャ

遠隔ディクシャ

遠隔ディクシャ体験談

ディクシャ会
イベントのお知らせ


ディクシャ会体験談

サロンでのディクシャ案内

サロンディクシャ体験談


ディクシャ&アンマ・バガヴァン誕生秘話

お問い合わせ